競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング
競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング
競馬ランキング競馬ランキング競馬ランキング
(1日のみの登録も受付中です。)
メッセージ欄(PCサイトからは画面右側)からもお申込み可能です。(お支払方法、ご希望コースをお知らせください)




今週(9月24,25日)は穴馬出走週となります。

土曜日

中京10レース
2ワーフデール
ハービンジャー産駒らしく、4走前の道悪馬場のあすなろ賞3着時に「パンパンの良馬場よりも今日みたいな馬場の方が合っています。」と横山騎手が話しており、昇級してからは2戦連続3着とクラスに目途を立てています。
この馬は「スピードがあるタイプですが、控える競馬を覚えさせています。」との事で、近走は敢えて控える競馬を教え込んでおり、スローの展開でも関係なく徹底して控える競馬を教え込んでいます。
未勝利戦を勝った時は道悪馬場で2番手追走から楽に行き脚がついてハナに立つ競馬で押し切っており、今回も道悪馬場でスピードを生かして積極的な競馬をしてきた場合にはこれまでとは一変のパフォーマンスを見せる可能性があります。

8アトミカ
4走前の阪神1800m戦では稍重馬場で5着となりましたが、当時騎乗した岩田望騎手が「緩い馬場は問題ありませんでした。コーナーは4つ合った方が良いと思います。」と話しており、次走のフィリピンTではコーナー4つの競馬で2着となりました。
このレースは小倉1800m戦でややスローの流れとなり、12.1 - 12.2 - 11.6 - 11.2 - 11.5のラップ推移で4角以降で加速する競馬を番手から4角で並びかけて直線で3/4ほど出るという要所の鋭さを見せていました。
L1で楽にトゥルーヴィルには交わされましたが3着以下は余裕を持って封じ切っており・・・この先は会員様専用情報となります。



先週の会員様情報結果

月曜日の結果

中山11レース

セントライト記念

1ローシャムパーク
前走の山藤賞が高く評価できる内容の勝利となっており、当時は稍重でもややタフな馬場となっており、日曜日に回復した皐月賞でも時計的にはそこまで出ていませんでした。
その中で後半1000で58.8というのはかなりのインパクトで、タフな馬場で後半のポテンシャルでの違いを作ってきたのは距離延長を歓迎できる材料と言えます。
ハービンジャー産駒らしく道悪馬場になれば相対的にパフォーマンスを高められるタイプで、前走はタフな条件で直線もブレることなくノーステッキで7馬身差の圧勝の内容からも、ここも期待の方が大きい1頭と言えます。

7アスクビクターモア
今回は条件的にベストに近い1頭で、今回は外回りコースの中山となるため3角が長くて緩くなり、勝負どころでコーナー地点が長いためにこの馬としてはコーナリングの上手さを生かした勝負をしやすい舞台と言えます。
皐月賞は前半で少し早く入り過ぎましたが、緩めて仕掛けも弱くなっていました。
ダービーは速い流れに乗って3~4角も強気の競馬で3着に踏ん張れているため、田辺騎手としてもこれなら前半が多少速く入っても変に緩める事はなさそうです。
弥生賞の内容からもペース自体は多少遅くても問題無く、3~4角でしっかりとアスクビクターモアの持ち味を引き出せる強気の仕掛けができれば、このメンツでも勝ち負け必至の1頭と言えます。

会員様には上記情報馬2頭からの3連単指示で72.5倍的中となりました。



日曜日の結果

中京11レース
ローズステークス

9エグランタイン
この条件での逃げ先行馬の成績は悪く、差し追い込み勢の成績が優秀となっており、ある程度ペースが流れてタフなレース質になると中京芝2000mは牝馬にとってはかなり過酷な条件と言えます。
愛知杯の過去のレース結果を見てもディープインパクトやキングカメハメハを持っている馬の活躍が目立っており、父はディープインパクト系のキズナとなる同馬はレース傾向にも合います。
また、雨でタフになった中京コースの末脚比べになるといかにもキズナ産駒に合いそうな舞台と言え、人気の盲点となる1頭と言えます。
この馬は2走前にラリュエルと差のないレースができており、スタートでアオッて外を回すロスがあった同馬の方が内容的には強い競馬ができていました。
また、どんなポジションでも競馬ができる自在性があるのは大きなアドバンテージと言えます。
今回の池添騎手なら脚を溜める競馬をしてくる可能性が高いだけに、中京コースの特性や今回の展開を考えても不気味な存在と言えます。

8アートハウス
前走のオークスはかなりのスローペースとなり、最序盤だけ飛ばしたニシノラブウインクは厳しくなりましたが、基本的には前目で良かった展開となっていました。
後半はロングスプリントの競馬で伸び切れずに7着となりましたが、この馬の位置なら61秒前後の通過でゆったりした流れで運べていました。
後半は外から勝ちに行く形になった面はありましたが、それでもL2地点で甘くなってL1で失速していたため素材面の足りなさを露呈した形となりました。
ただ、レース後の川田騎手の話では「たまに調教で見せる悪い面が出たので、力負けではないです。能力的にはもっとやれます。」との事だけに、度外視出来る7着と言えます。
2走前の忘れな草賞は顕著なスロー戦で非常に高いパフォーマンスを見せてきただけに、前哨戦でゆったり流れる想定の今回は前走の人気を落とすだけに今回は絶好の狙い目と言えます。

6サリエラ
前走はテイエムオードリーがラストで11.8まで落としてくれたので届いたレースで、L2の地点で先頭から約5馬身という決定的な差がありました。
前走は戸崎騎手らしく後方でじっとして直線で相当厳しい置にいましたが、今回の中京2000m戦でL2最速ギアチェンジ戦で加速が問われた場合には届かない可能性が高いように思えます。
ただ、ラストで左手前に戻していましたが、ほぼ直線を右手前だけで走っていて余力があっただけに、今回のメンバーレベルなら素材の違いで対応してくる可能性もあります。

5ラリュエル
前走の都井岬特別は4番枠から好発を切ってハナを主張し、内に切って主導権を取り切る競馬で逃げ切り勝ちを決めました。
道中もコントロールしながら進めていましたが、向正面以降は外からエーデルブルーメが絡んできたのでじわっと引き上げる格好となり、そのまま3~4角で促しつつ進めて出口で引き離して2馬身差で直線に入りました。
直線序盤で左手前に替えて差を広げ、L1では外から唯一突っ込んできたエグランタインに1馬身1/4差まで詰められましたが余裕を持っての完勝となりました。
L1も11.4でラリュエル自身のラップもほとんど落としておらず、3着のエーデルブルーメ以下は0.8と後半で違いを作れていました。
前走の感じなら距離はもっとあっても良い印象があり、馬場的にもそこまで極端な超高速状態ではなかっただけに、超スローとはいえ57.5で後半をまとめているのは高く評価できる材料と言えます。

会員様には無料公開の7番人気の穴情報馬9エグランタインからの3連単指示となり、177.8倍的中となりました。



2022年9月は9月20日現在14戦4勝67万円獲得

2022年8月は16戦5勝115万円獲得


お申し込み方法
(1日のみの登録も受付中です。)
メッセージ欄(PCサイトからは画面右側)からもお申込み可能です。(お支払方法、ご希望コースをお知らせください)


2022年のG1レース戦績は10戦 6勝となりました。

安田記念 馬連3点指示で26万円獲得
オークス 11万馬券的中で59万円獲得

ヴィクトリアマイル 馬連3点指示で30万円獲得
NHKマイル 馬連3点指示で24万円獲得

天皇賞・春 情報馬のワンツー決着で69.7倍的中

皐月賞 情報馬2頭からの3連単指示で328.4倍的中

大阪杯は見送り

2021年のG1レース戦績 23戦10勝(約280万円獲得)


高松宮記念
(コンマ1秒差で355万円取り逃すも22万円獲得)

大阪杯
1062.1倍的中で106万2100円獲得

桜花賞
104倍的中

皐月賞
823.2倍的中で57万6240円獲得

天皇賞・春
114.9倍的中

天皇賞・秋 20.4倍的中

エリザベス女王杯 コンマ2秒差で71万馬券を取り逃し

ジャパンカップ 17.8倍的中

チャンピオンズカップ 526.6倍的中で36万8620円獲得

朝日杯FSは馬連3点的中で10万6000円獲得

有馬記念は3連複5点指示で14万4000円獲得





2020年の上半期G1レース週の結果(約580万円獲得)

https://keibag1c.blog.jp/archives/cat_136514.html


お申し込み方法

2019年の結果
https://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html


★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
https://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
https://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
https://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
https://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。