レース情報

土曜日情報



競馬競馬競馬


2月24,25日週は穴馬出走となりますので、基本コース週となります。(コロガシ週ではありません)


土曜日情報

阪神9レース

6エクセレントミスズ
この馬は5走前の1000万条件を国分恭介騎手で大逃げで勝利しているようにスタミナ豊富な逃げ馬で、鞍上が内田騎手に変わってかの近2走は逃げられず、2走前の迎春Sは2番手からの競馬となり、勝ち馬に途中から来られて厳しい競馬となり4着。 前走は「前に行ってプレッシャーがキツかったので、今回は控える競馬をさせました」と、逃げる競馬以外でも3着に好走しており収穫のある1戦となりました。 今回は国分騎手騎乗でスタミナを活かす競馬ができれば上位濃厚です。 中間の動きを見ても馬なりで抜群の手応えで動けており、加藤敬二厩舎のラストウィークで勝負仕上げは間違いない状態と言えます。 今回は鞍上が国分恭介騎手に戻りますが、先行馬不在ということはわかっているはずで、ここは厩舎のラストウィークを飾るためにも恐らく何が何でも逃げの競馬で一発を狙いに行くはずです。 開幕週で内回りで自分の競馬さえできればここは勝利まであっていい1頭と言えます。




今週出走予定の穴馬→次週以降へスライド登録となりました。

前走は前半良い感じで流れに乗っていましたが、・・・・・、・・・・・・と窮屈になってしまい・・・・・・・・に大敗してしまいました。
近走は・・・,・・・,・・・,・・・着と二桁着順が多く不振ですが、このクラスでは・・・度の2着、・・・度の3着の実績がある実力馬で、前走で復調が窺えただけに今回は得意の・・・・・でチャンス到来の1頭となります。
この馬の・・・・・・成績は(1.3.2.4)で・・・・・・・・・・になると全て・・・・・で(0.2.2.1)と安定し走れており、近走の成績から人気しないだけに条件替わりで一変の可能性が高い1頭と言えます。










お申し込み方法

2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)
コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました

★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19回のうち、12回で利益を上げていただきました

2017年の穴馬出走の基本コース週の結果


12月28日週は3戦2勝で21万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5483145.html


11月25,26日週は3戦1勝で24万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-26.html


10月7,8日週は4戦2勝で61万6000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-08.html


8月5,6日週の基本コースは3戦2勝で38万6200円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-08.html


6月10,11日週の基本コースは3戦2勝で45万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-06-11.html


5月12,13日週の基本コースは4戦2勝で約140万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-05-14.html


3月11,12日週の基本コースは18万3600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-03-12.html


2月25,26日週の基本コースは22万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-26.html


2月18,19日週の基本コースは35万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


1月21,22日週の基本コースは33万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html

お申し込み方法

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

今週は穴馬出走週となります



競馬競馬競馬


2月24,25日週は穴馬出走となりますので、基本コース週となります。(コロガシ週ではありません)

今週出走予定の穴馬

前走は前半良い感じで流れに乗っていましたが、・・・・・、・・・・・・と窮屈になってしまい・・・・・・・・に大敗してしまいました。
近走は・・・,・・・,・・・,・・・着と二桁着順が多く不振ですが、このクラスでは・・・度の2着、・・・度の3着の実績がある実力馬で、前走で復調が窺えただけに今回は得意の・・・・・でチャンス到来の1頭となります。
この馬の・・・・・・成績は(1.3.2.4)で・・・・・・・・・・になると全て・・・・・で(0.2.2.1)と安定し走れており、近走の成績から人気しないだけに条件替わりで一変の可能性が高い1頭と言えます。

会員様専用掲示板で情報を公開させていただきます。


先週の結果(基本コース週)

日曜日の結果
東京11レース

フェブラリーS

東京ダ1600mは、JRAで唯一のダート1600mコースで、芝コース上からスタートするというダートとしてはかなり特殊なコース形態となっています。
フェブラリーSはラップもダートよりも芝に近いスピードを問われ、過去10年の平均が前半34.80ー中盤24.61ー上がり36.15で、1000m通過が59秒台、ラップの前後半差が1.5秒を超えるかなり速い前傾ラップのレースとなっています。
フェブラリーSはかなりクセの強いコースとなており、このコースで実績のあるコース巧者がこのレースでは狙い目となります。
過去5年の3着内馬のうち、東京ダ1600m重賞(ユニコーンS、武蔵野S、フェブラリーS)で3着内実績があった馬は11頭。
そしてこのコースで複勝率100%だった馬は10頭と、とにかく同コース実績に注目しておくべきレースと言えます。

16サンライズノヴァ
昨年のユニコーンSでは2着に0.7秒差をつける圧勝となりましたが、その内容が優秀でした。
レースラップがラスト200mまで失速していない流れを、レース上がりから1.3秒も上回る最速の上がりで突き抜けており、これは過去5年のユニコーンS勝ち馬であるゴールドドリーム、ノンコノユメ、ベストウォーリア等がいずれもマークできていない記録で、このコースなら最上位のパフォーマンスを見せている1頭です。
根岸S組はあまり良い臨戦過程ではありませんが、フェブラリーSで馬券圏内に来るパターンは、根岸Sで上がり4位以内かつ3着以内の馬で、サンライズノヴァはクリアしており不安はありません。
3走前の武蔵野Sはスローで流れて掛かってしまい、直線は外から次々に蓋をされてしまい不完全燃焼の1戦です。
今回は流れる展開の想定で、包まれる心配のない外枠に入れた点もプラス評価となります。

14ゴールドドリーム
昨年の勝ち馬で東京ダート1600mを4戦4連対(3.1.0.0)と、適性抜群の1頭。
速い上がりが生きる前傾ラップというこのレースの傾向にもピッタリの馬で、崩れる可能性が極めて低い1頭と言えます。

過去のフェブラリーSで連対実績があるインカンテーション、ノンコノユメ、昨年5着と適性示したニシケンモノノフがこのコースでは上位評価となります。


会員様には3連単指示となり、1着ノンコノユメ、2着ゴールドドリーム、3着インカンテーションで415.6倍的中となりました。


日曜日の結果
東京9レース

2タイキフェルヴール
3走前のダートの未勝利勝ち時は後続を9馬身千切る圧勝で、2歳馬にとっては過酷な条件でタイムが出ない新潟ダートで走破時計1:54:5は優秀なもので、終いは13.0-12.8-12.1と加速ラップで駆け抜けている事からもまだ余力な有る内容と言えます。
しかも、直線入り口で詰まってしまい、完全に追い出しが遅れる中での競馬となり、普通の馬ならその時点で加速できずに終わってしまうようなレースでしたが、この馬はそこから馬群をこじ開けて一瞬で加速して突き抜けました。
初ダートの未勝利戦でここまで強烈なパフォーマンスはなかなかお目に掛かる事はできません。
その後の昇級初戦の500万条件はズラリと素質馬が揃った一戦でしたが勝利して2連勝。
この1戦は時計が遅いせいで今回人気的に嫌われていますが、この500万は中山ダートで前半スローからのロングスパート戦となり、前半の時計が遅いので全体時計が出ないのは仕方ありません。
ハイレベルなメンバーの1戦で4着以下が大きく千切った事は大きく評価できます。

9番人気の穴馬2タイキフェルヴールが2着となり、馬連52.4倍的中となりました。


fa















お申し込み方法

2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)
コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました

★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19回のうち、12回で利益を上げていただきました

2017年の穴馬出走の基本コース週の結果


12月28日週は3戦2勝で21万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5483145.html


11月25,26日週は3戦1勝で24万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-26.html


10月7,8日週は4戦2勝で61万6000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-08.html


8月5,6日週の基本コースは3戦2勝で38万6200円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-08.html


6月10,11日週の基本コースは3戦2勝で45万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-06-11.html


5月12,13日週の基本コースは4戦2勝で約140万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-05-14.html


3月11,12日週の基本コースは18万3600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-03-12.html


2月25,26日週の基本コースは22万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-26.html


2月18,19日週の基本コースは35万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


1月21,22日週の基本コースは33万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html

お申し込み方法

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

日曜日情報



競馬競馬競馬


日曜日
東京11レース

フェブラリーS

東京ダ1600mは、JRAで唯一のダート1600mコースで、芝コース上からスタートするというダートとしてはかなり特殊なコース形態となっています。
フェブラリーSはラップもダートよりも芝に近いスピードを問われ、過去10年の平均が前半34.80ー中盤24.61ー上がり36.15で、1000m通過が59秒台、ラップの前後半差が1.5秒を超えるかなり速い前傾ラップのレースとなっています。
フェブラリーSはかなりクセの強いコースとなており、このコースで実績のあるコース巧者がこのレースでは狙い目となります。
過去5年の3着内馬のうち、東京ダ1600m重賞(ユニコーンS、武蔵野S、フェブラリーS)で3着内実績があった馬は11頭。
そしてこのコースで複勝率100%だった馬は10頭と、とにかく同コース実績に注目しておくべきレースと言えます。

16サンライズノヴァ
昨年のユニコーンSでは2着に0.7秒差をつける圧勝となりましたが、その内容が優秀でした。
レースラップがラスト200mまで失速していない流れを、レース上がりから1.3秒も上回る最速の上がりで突き抜けており、これは過去5年のユニコーンS勝ち馬であるゴールドドリーム、ノンコノユメ、ベストウォーリア等がいずれもマークできていない記録で、このコースなら最上位のパフォーマンスを見せている1頭です。
根岸S組はあまり良い臨戦過程ではありませんが、フェブラリーSで馬券圏内に来るパターンは、根岸Sで上がり4位以内かつ3着以内の馬で、サンライズノヴァはクリアしており不安はありません。
3走前の武蔵野Sはスローで流れて掛かってしまい、直線は外から次々に蓋をされてしまい不完全燃焼の1戦です。
今回は流れる展開の想定で、包まれる心配のない外枠に入れた点もプラス評価となります。


日曜日
東京6レース

1ルーラーキング
人気を落としている今回が狙い目となる1頭。
この馬は未勝利戦の終盤に常に好タイムのレースで上位争いをしていた馬で、勝ち味に遅かっただけで能力自体は500万でも上位クラスのものは備えています。
4走前の未勝利戦2着時の勝ち馬インペリアルフィズは上のクラスでも次走でクビ差の2着に好走しており、5走前の未勝利3着時の勝ち馬ホウオウドリームはその後、500万、1000万クラスを連勝して昨日土曜日のダイヤモンドS(GⅢ)で2番人気になっていた馬です。
この馬の2走前の未勝利勝ちのレースの内容も良く、左回りの長丁場なら500万でも通用する馬と言えます。
休み明けの前走は15着に崩れましたが、前走はかなりのハイレベル戦でスタート直後に躓いてポジションを落としてしまい、そこからリズムに乗れずに全く競馬にならなかったために参考外の1戦と言えます。
休み明けの前走時は、
美南W 稍 67.8-52.7-38.9-12.7 一杯でしたが、この中間は
美南W 良 67.1-52.0-38.2-12.3 強目 となっており、明らかに前走時よりも良い状態となっています。
500万でも即通用の馬が訳あり敗戦で、「クラスの壁」という誤認評価で人気落ちのここは、絶好条件の最内枠を引き当てた点もプラス材料と言えます。



2017年の穴馬出走の基本コース週の結果


12月28日週は3戦2勝で21万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5483145.html


11月25,26日週は3戦1勝で24万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-26.html


10月7,8日週は4戦2勝で61万6000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-08.html


8月5,6日週の基本コースは3戦2勝で38万6200円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-08.html


6月10,11日週の基本コースは3戦2勝で45万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-06-11.html


5月12,13日週の基本コースは4戦2勝で約140万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-05-14.html


3月11,12日週の基本コースは18万3600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-03-12.html


2月25,26日週の基本コースは22万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-26.html


2月18,19日週の基本コースは35万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


1月21,22日週の基本コースは33万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html





お申し込み方法

2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)
コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました

★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19回のうち、12回で利益を上げていただきました

2017年の穴馬出走の基本コース週の結果


12月28日週は3戦2勝で21万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5483145.html


11月25,26日週は3戦1勝で24万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-26.html


10月7,8日週は4戦2勝で61万6000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-08.html


8月5,6日週の基本コースは3戦2勝で38万6200円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-08.html


6月10,11日週の基本コースは3戦2勝で45万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-06-11.html


5月12,13日週の基本コースは4戦2勝で約140万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-05-14.html


3月11,12日週の基本コースは18万3600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-03-12.html


2月25,26日週の基本コースは22万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-26.html


2月18,19日週の基本コースは35万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


1月21,22日週の基本コースは33万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html

お申し込み方法

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

土曜日情報



競馬競馬競馬


今週のフェブラリーS週は穴馬出走週となりますので、基本コース週となります。

昨年のフェブラリーSは3点指示で20万円獲得となりました。
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


京都8レース

3タイマツリ

近走の成績が9,6,5,10着の馬で、この馬は速い脚は使えませんがとにかくバテないというタイプで、立ち回りと持久力を活かせる舞台で好走できる馬です。
2走前の中京スポーツ杯は休み明けでプラス10キロながらも先行するスピードがあり、見せ場十分の競馬となりました。
ただ、コーナーの急な中京コースで3~4コーナーで外に出そうとしたところでのロスが大きく置かれてしまい、直線では休み明けながらバテずに走れていただけにコーナー部分のロスが全てという結果でした。

前走は京都ダート1800mという条件でしたが、この条件がスピード的に厳しく、スタートでも出遅れてしまい、速い脚が使えない同馬にとってこの出遅れは致命的となりました。
今回は現級実績ある出走メンバーのほとんどが前走低レベルなベストセラーアスクの1000万という手薄なメンバー構成で、スタミナタイプだけに距離が伸びる点はプラス材料で、岩田騎手の積極策で一変しそうな1頭です。

揉まれても問題ないタイプで、このメンバーなら一気に捲れるようなスピードある馬も見当たらないだけに道中の隊列は動かない可能性が高く、ラチ沿いのインの3番手ぐらいが取れればバテずになだれ込めそうな1頭と言えます。
5走前の小倉戦のように内々を回って最後まで脚を溜められそうな今回は注目の1頭となります。


先週の会員様情報結果

月曜日の結果
東京1レース

2グラスルーナ
3走前に初めてダートに使われた時は11番人気でしたあ行きっぷりも抜群でスムーズなら勝ち馬と接戦を演じていた内容で4着。
直線で前が詰まってしまい、追い出しが遅れた中での4着は評価でき、不良馬場だったことを考えてもロスが痛い一戦でした。
不利があっての好走後の次走では3番人気に推されましたが、この日の東京ダートは水が浮く馬場で前へ行かなければどうしようもない馬場となっており、7番手追走からの7着というのは中1週で連続不良馬場を使われて仕方がない結果でした。
前走は距離を1800mに伸ばして序盤の行きっぷりも抜群でしたが、最後は中山ダート1800mでは粘れずに8着。
敗因は当て直すのに間隔を開けすぎた分と+距離+最後の急坂で、今回はそこから2戦とも見どころ十分だった東京ダート1400mに戻ります。
近走の行きっぷりを見ても内枠に差しタイプが多いだけにスッと5番手以内の位置は取れそうで、一連のレースぶりを見てもバテずに相対的に伸びるのが特徴で砂を被るのも馬込みを苦にしないタイプなだけに、前へ行く距離延長の先行タイプが最後に脚色鈍ったところをインの好位からじわじわ伸びてこれそうな1頭と言えます。

結果は9番人気の穴馬グラスルーナが3着に好走し、複勝7.7倍的中となりました。



日曜日の結果
東京8レース

14マイネルビクトリー
近1年内で当クラス9戦6好走(1-2-3-3)という実績上位馬ですが、近走11,2,8,13着で人気落ち必至の1頭。
この馬は元々休み明けは走らないタイプで、4走前の休み明け初戦は参考外の1戦で、その次走は叩き良化して直線で詰まる不利がありながらもクビ差の2着に好走しました。
2走前は前半3F38.2-後半3F36.2という超スローペースで、上位馬はほぼ道中位置取りのままの入線という完全前残り展開となっており、それを後方から目立つ末脚使いながらも8着止まりで展開負けの1戦となりました。
前走は凍結防止剤と大雨が絡んで刻々とバイアス変化する特殊な馬場状態となり、そのレースでも外を回った馬ばかりが上位入線し、最内を立ち回った馬は例外なく全馬が二桁着順に沈んでいました。
前走はかなり極端なバイアスが生じており、前後のレースでも外枠有利傾向顕著な場面だったため、そこで最内枠を引いて最内ピタリの追走で物理的にも動けずに後退させられるという無理なレースをしたため13着に敗れてしまいました。
今回はイーブンな条件とな、まともに競馬が出来れば巻き返し可能の実力馬と言えます。

前走しんがり負けのラボーナ、中1週のらテールプロミーズが上位人気なだけに、ここは高配当の期待が持てる1戦と言えます。


結果は8番人気の穴馬マイネルビクトリーが2着に好走しましたが、1着に1番人気のラテールプロミーズが入って馬連20.7倍的中となりました。


土曜日情報の結果
京都12レース

6テイエムアンムート(ブログ公開情報馬)
2走前レパードSではゲートから出ずに競走中止となりましたが、ゲートさえまともなら牡馬混合1000万下でも面白い1頭。
4走前の500万下勝ちは好メンバー相手の勝利で、2着に負かしたキクノルアは次走で勝ち上がって昇級戦でいきなり2着になった実力馬です。
3着に負かしたマンハッタンロックも既に500万下を勝ち上がっています。
3走前1000万下は降級期直後の一戦で、上位5頭中4頭が元準OPクラス所属の降級馬というHレベル戦でした。
3歳6月に対古馬牡馬1000万というのは明らかに厳しい条件で、そこでスタート後の不利で大きなビハインドある所からの6着は健闘と言えます。
前走も一桁着順馬の4頭が勝ち上がっているHレベル戦で、それを大きく出遅れて直線だけの競馬
での上がり最速級の9着。
今回は10頭立てで、前述2走で着順を落とした一因の『後方から多数の馬を捌くロス』が大幅に軽減される条件となります。

毎回のように出遅れていますが、出遅れを最小限に抑えるコトができれば、チャンスがある1頭と言えます。
4・7・9以外で強敵は見当たらず、この3強に割って入る可能性がある1頭と言えます。

会員様情報では購入は見送りとなりましたが、相手候補として上げた4,7,9の3ロードアルペジオが1着、単勝 46.6倍の10頭立て8番人気の穴馬6テイエムアンムート2着からクビ差の3着となりました。

結果は1-3着でワイド10.3倍の配当となりました。




2017年の穴馬出走の基本コース週の結果


12月28日週は3戦2勝で21万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5483145.html


11月25,26日週は3戦1勝で24万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-26.html


10月7,8日週は4戦2勝で61万6000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-08.html


8月5,6日週の基本コースは3戦2勝で38万6200円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-08.html


6月10,11日週の基本コースは3戦2勝で45万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-06-11.html


5月12,13日週の基本コースは4戦2勝で約140万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-05-14.html


3月11,12日週の基本コースは18万3600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-03-12.html


2月25,26日週の基本コースは22万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-26.html


2月18,19日週の基本コースは35万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


1月21,22日週の基本コースは33万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html





お申し込み方法

2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)
コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました

★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19回のうち、12回で利益を上げていただきました

2017年の穴馬出走の基本コース週の結果


12月28日週は3戦2勝で21万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5483145.html


11月25,26日週は3戦1勝で24万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-26.html


10月7,8日週は4戦2勝で61万6000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-08.html


8月5,6日週の基本コースは3戦2勝で38万6200円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-08.html


6月10,11日週の基本コースは3戦2勝で45万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-06-11.html


5月12,13日週の基本コースは4戦2勝で約140万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-05-14.html


3月11,12日週の基本コースは18万3600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-03-12.html


2月25,26日週の基本コースは22万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-26.html


2月18,19日週の基本コースは35万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


1月21,22日週の基本コースは33万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html

お申し込み方法

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

今週出走予定の穴馬



競馬競馬競馬


今週のフェブラリーS週は穴馬出走週となりますので、基本コース週となります。

昨年のフェブラリーSは3点指示で20万円獲得となりました。
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


今週出走予定の穴馬

・・・・・・・の前走は・・・・・・を意識して、これまでより・・・・・・・・・・ましたが、3角から手応えが怪しくなり終いも伸びずに・・・・・・・。
この馬は・・・・・の・・・・・・・・・・・・・・の・・・・・・も合わず、広い・・・・・・でジックリ乗って終いに賭けた方がいいタイプと言えます。
・・・・着だった・・・・・・・・・・・の3、4着馬は既に勝ち上がっており、今回は得意の・・・・・・・・コースで巻き返しが期待できる1頭です。
前走の敗戦で妙味を生じる1頭と言えます。


上記穴馬は会員様情報で公開させていただきます。


先週の会員様情報結果

月曜日の結果
東京1レース

2グラスルーナ
3走前に初めてダートに使われた時は11番人気でしたあ行きっぷりも抜群でスムーズなら勝ち馬と接戦を演じていた内容で4着。
直線で前が詰まってしまい、追い出しが遅れた中での4着は評価でき、不良馬場だったことを考えてもロスが痛い一戦でした。
不利があっての好走後の次走では3番人気に推されましたが、この日の東京ダートは水が浮く馬場で前へ行かなければどうしようもない馬場となっており、7番手追走からの7着というのは中1週で連続不良馬場を使われて仕方がない結果でした。
前走は距離を1800mに伸ばして序盤の行きっぷりも抜群でしたが、最後は中山ダート1800mでは粘れずに8着。
敗因は当て直すのに間隔を開けすぎた分と+距離+最後の急坂で、今回はそこから2戦とも見どころ十分だった東京ダート1400mに戻ります。
近走の行きっぷりを見ても内枠に差しタイプが多いだけにスッと5番手以内の位置は取れそうで、一連のレースぶりを見てもバテずに相対的に伸びるのが特徴で砂を被るのも馬込みを苦にしないタイプなだけに、前へ行く距離延長の先行タイプが最後に脚色鈍ったところをインの好位からじわじわ伸びてこれそうな1頭と言えます。

結果は9番人気の穴馬グラスルーナが3着に好走し、複勝7.7倍的中となりました。



日曜日の結果
東京8レース

14マイネルビクトリー
近1年内で当クラス9戦6好走(1-2-3-3)という実績上位馬ですが、近走11,2,8,13着で人気落ち必至の1頭。
この馬は元々休み明けは走らないタイプで、4走前の休み明け初戦は参考外の1戦で、その次走は叩き良化して直線で詰まる不利がありながらもクビ差の2着に好走しました。
2走前は前半3F38.2-後半3F36.2という超スローペースで、上位馬はほぼ道中位置取りのままの入線という完全前残り展開となっており、それを後方から目立つ末脚使いながらも8着止まりで展開負けの1戦となりました。
前走は凍結防止剤と大雨が絡んで刻々とバイアス変化する特殊な馬場状態となり、そのレースでも外を回った馬ばかりが上位入線し、最内を立ち回った馬は例外なく全馬が二桁着順に沈んでいました。
前走はかなり極端なバイアスが生じており、前後のレースでも外枠有利傾向顕著な場面だったため、そこで最内枠を引いて最内ピタリの追走で物理的にも動けずに後退させられるという無理なレースをしたため13着に敗れてしまいました。
今回はイーブンな条件とな、まともに競馬が出来れば巻き返し可能の実力馬と言えます。

前走しんがり負けのラボーナ、中1週のらテールプロミーズが上位人気なだけに、ここは高配当の期待が持てる1戦と言えます。


結果は8番人気の穴馬マイネルビクトリーが2着に好走しましたが、1着に1番人気のラテールプロミーズが入って馬連20.7倍的中となりました。


土曜日情報の結果
京都12レース

6テイエムアンムート(ブログ公開情報馬)
2走前レパードSではゲートから出ずに競走中止となりましたが、ゲートさえまともなら牡馬混合1000万下でも面白い1頭。
4走前の500万下勝ちは好メンバー相手の勝利で、2着に負かしたキクノルアは次走で勝ち上がって昇級戦でいきなり2着になった実力馬です。
3着に負かしたマンハッタンロックも既に500万下を勝ち上がっています。
3走前1000万下は降級期直後の一戦で、上位5頭中4頭が元準OPクラス所属の降級馬というHレベル戦でした。
3歳6月に対古馬牡馬1000万というのは明らかに厳しい条件で、そこでスタート後の不利で大きなビハインドある所からの6着は健闘と言えます。
前走も一桁着順馬の4頭が勝ち上がっているHレベル戦で、それを大きく出遅れて直線だけの競馬
での上がり最速級の9着。
今回は10頭立てで、前述2走で着順を落とした一因の『後方から多数の馬を捌くロス』が大幅に軽減される条件となります。

毎回のように出遅れていますが、出遅れを最小限に抑えるコトができれば、チャンスがある1頭と言えます。
4・7・9以外で強敵は見当たらず、この3強に割って入る可能性がある1頭と言えます。

会員様情報では購入は見送りとなりましたが、相手候補として上げた4,7,9の3ロードアルペジオが1着、単勝 46.6倍の10頭立て8番人気の穴馬6テイエムアンムート2着からクビ差の3着となりました。

結果は1-3着でワイド10.3倍の配当となりました。




2017年の穴馬出走の基本コース週の結果


12月28日週は3戦2勝で21万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5483145.html


11月25,26日週は3戦1勝で24万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-26.html


10月7,8日週は4戦2勝で61万6000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-08.html


8月5,6日週の基本コースは3戦2勝で38万6200円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-08.html


6月10,11日週の基本コースは3戦2勝で45万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-06-11.html


5月12,13日週の基本コースは4戦2勝で約140万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-05-14.html


3月11,12日週の基本コースは18万3600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-03-12.html


2月25,26日週の基本コースは22万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-26.html


2月18,19日週の基本コースは35万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


1月21,22日週の基本コースは33万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html





お申し込み方法

2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)
コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました

★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19回のうち、12回で利益を上げていただきました

2017年の穴馬出走の基本コース週の結果


12月28日週は3戦2勝で21万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5483145.html


11月25,26日週は3戦1勝で24万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-26.html


10月7,8日週は4戦2勝で61万6000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-08.html


8月5,6日週の基本コースは3戦2勝で38万6200円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-08.html


6月10,11日週の基本コースは3戦2勝で45万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-06-11.html


5月12,13日週の基本コースは4戦2勝で約140万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-05-14.html


3月11,12日週の基本コースは18万3600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-03-12.html


2月25,26日週の基本コースは22万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-26.html


2月18,19日週の基本コースは35万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


1月21,22日週の基本コースは33万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html

お申し込み方法

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ