回収率100%以上のコロガシ競馬

カテゴリ: レース情報




お申し込み方法



今週の1月25,26日週は、先週と同様10万円開始のコロガシ週となります。


土曜日の結果
中山12レース
3ナリス
今回が狙い目となる1頭。
小倉芝2000mを逃げて2馬身で圧勝した未勝利勝ちは圧巻のパフォーマンスで、立ち回りの上手さがこの馬の武器と言えます。
昇級初の君子蘭賞ではハイペースを先行して失速してしまいましたが、その後のレースでは徐々に距離を短縮して1600→1400→1200→1200→1200mに使われて3,4,3,10,11着。
スプリント路線の後半は低迷が続きましたが、マイル戦に距離を延長すると好タイムのハイレベル戦でソシアルクラブの2着となり、一気にパフォーマンスを高めてきました。
ソシアルクラブがは上のクラスも勝ち上がっている実力馬で、相手が強すぎたケースの1戦となりましたが、ここ2戦も脚を余すようなレースぶりながら安定して力は見せており、明らかにこのクラスでは上位の馬と言えます。
今回は1800mへの距離延長+未勝利を圧勝した立ち回りの上手さが問われる小倉戦というのは絶好の条件と言え、小倉の未勝利を逃げて勝利した藤岡康太騎手なら近走で見せた極端な後方待機策は取らないはずで、スムーズな競馬さえできれば能力的にも適性的にも勝ち負け濃厚の1頭と言えます。


3ナリスの複勝1点指示となりましたが、ナリスが1着となり複勝1.9倍的中となりました。

fa










日曜日
中山1レース

15グルアーブ
初戦は同厩舎の勝ち馬が内をうまく立ち回っていたのに対してこちらは15番枠と言う事もあって外を回る形となり、この馬なりにしっかりと脚を使って3着。
初戦は除外で延びた影響もあっただけに順調に使えた前走は使われた上積みもあり、クビ差の2着に好走。
しかも前走はスタートの1歩目を大きく出てしまい、2歩目がバランスを取りながらになったために遅れて後方からの競馬とりました。
初戦とは違って前走は向正面で砂を被って嫌がる面を見せてしまいましたが、慣れてからは器用に動いて4角での立ち上がりもよくゴール前は目を引く伸びを見せて勝ち馬に詰め寄ってきました。
前走は決め手に磨きをかける内容の競馬ができており、今後も崩れず堅実に走ってきそうなセンスの良い走りをしているだけに、流れ一つで勝ち上がれそうな馬で崩れる不安の少ない1頭と言えます。



お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の1月25,26日週は、先週と同様10万円開始のコロガシ週となります。


土曜日
中山12レース
3ナリス
今回が狙い目となる1頭。
小倉芝2000mを逃げて2馬身で圧勝した未勝利勝ちは圧巻のパフォーマンスで、立ち回りの上手さがこの馬の武器と言えます。
昇級初の君子蘭賞ではハイペースを先行して失速してしまいましたが、その後のレースでは徐々に距離を短縮して1600→1400→1200→1200→1200mに使われて3,4,3,10,11着。
スプリント路線の後半は低迷が続きましたが、マイル戦に距離を延長すると好タイムのハイレベル戦でソシアルクラブの2着となり、一気にパフォーマンスを高めてきました。
ソシアルクラブがは上のクラスも勝ち上がっている実力馬で、相手が強すぎたケースの1戦となりましたが、ここ2戦も脚を余すようなレースぶりながら安定して力は見せており、明らかにこのクラスでは上位の馬と言えます。
今回は1800mへの距離延長+未勝利を圧勝した立ち回りの上手さが問われる小倉戦というのは絶好の条件と言え、小倉の未勝利を逃げて勝利した藤岡康太騎手なら近走で見せた極端な後方待機策は取らないはずで、スムーズな競馬さえできれば能力的にも適性的にも勝ち負け濃厚の1頭と言えます。




お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html




★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の1月25,26日週は、先週と同様10万円開始のコロガシ週となります。



先週の1月18,19日週は、10万円開始のコロガシ週となりました。

先週の結果

土曜日の結果

今週出走の確勝級の1頭(平日段階での告知内容)

・・・・・・・・・・・の馬で、・・・・・・後は・・・・・・・・・着。
・・・・・・・・・・戦は休み明けで現級・・・・・・・着の実績があり、当時はクモズレの影響で1週攻めを休んだ中での1戦だっただけに、順調に調整が出来ている今回は勝ち負け濃厚の1頭と言えます。
前走は「本当は・・・・・・・・・・・我慢させたかったのですが、ペースが遅くてスタートも出てしまったので行きたがってしまいました。・・・・・・・・・・・・・・・・に先頭に立ちましたが良い目標になった分、踏ん張り切れませんでした」との事。
今回の・・・・・・・・・・・・・・は良い材料で、ここは確勝級の1頭と言えます。


上記内容は会員様情報で以下のように公開させていただきました。

土曜日
小倉10レース
4ゲンパチルシファー
安定感抜群の馬で、昇級後は2,3,3,3着。
小倉1700m戦は休み明けで現級ハナ差2着の実績があり、当時はクモズレの影響で1週攻めを休んだ中での1戦だっただけに、順調に調整が出来ている今回は勝ち負け濃厚の1頭と言えます。
前走は「本当は砂を被せて我慢させたかったのですが、ペースが遅くてスタートも出てしまったので行きたがってしまいました。1ハロン標過ぎに先頭に立ちましたが良い目標になった分、踏ん張り切れませんでした」との事。
今回の距離短縮は良い材料で、ここは確勝級の1頭と言えます。

情報通りに4ゲンパチルシファーが1着となり、単勝 1.9倍的中で19万円獲得となりました。

19













日曜日の結果

小倉10レース

4ショウナンナデシコ
前走はハナを譲って2番手からん競馬となり、3~4角で捲られた時に対応できず、内にササったところを外から被されて怯んでしまいズルズル後退して7着。
前走はハナを切れそうな出脚の良さを見せましたが、抑えて番手に控えたところで逃げ馬にスローに落とされてしまい13.0 - 13.4 - 12.6 - 11.9 - 12.2 - 12.7というL3最速戦で速いラップを求められたところで先に外から動かれて被されて何もできない内容の競馬となり、川田騎乗の騎乗ミスと言えるような酷いレースとなりました。
今回は新馬戦のようにペースをある程度引き上げてくる可能性が高く、テンの速さを生かしてハナを取れればこのメンバー構成なら巻き返し濃厚の1頭と言えます。


2メイショウダジン
前走は坂スタートの中京1800mで出脚がつかずに中団からの競馬となり、坂の登りで動けませんでしたが、極端なスローから13.2 - 13.0 - 13.0 - 12.2 - 12.3という2F戦で直線内の進路を取って鋭く伸びて突き抜けてきました。
直線では窮屈になりかける場面もありましたが、ラスト300m付近で前の馬が外にヨレたところを突いて抜け出すと言い加速を見せて差し切りましt。
CWの稽古を見ても全体で飛ばして最後までしっかりと踏ん張れており、スピードに乗せられればどこまでも加速していくような持続力は大きな武器と言えます。
今回の小倉1700mならある程度流れる可能性が高く、早い段階でスピードに乗せられそうなこの舞台は適性的にピッタリの条件と言えます。

5アスターコロネット
新馬戦は東京の不良馬場で2着間に1馬身1/4差をつけ、2着馬には4馬身差、3着間には6馬身差をつける圧勝劇を演じた同馬。
ただ、この馬は「左に張る面があるので、左回りの初戦はコーナリングも上手くて2着馬が来ても慌てませんでしたが、右回りだと外に張るかもしれません。」との事で、左回りの東京戦から小回りの右回り戦となる今回は条件が悪化する1頭と言えます。



危険な人気馬が5アスターコロネット2番人気5着となり、ワイド1点的中で96万9000円獲得となりました。

gsa

















お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html




★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



1月18.19日週は、10万円開始のコロガシ週となります。


土曜日の結果

今週出走の確勝級の1頭(平日段階での告知内容)

・・・・・・・・・・・の馬で、・・・・・・後は・・・・・・・・・着。
・・・・・・・・・・戦は休み明けで現級・・・・・・・着の実績があり、当時はクモズレの影響で1週攻めを休んだ中での1戦だっただけに、順調に調整が出来ている今回は勝ち負け濃厚の1頭と言えます。
前走は「本当は・・・・・・・・・・・我慢させたかったのですが、ペースが遅くてスタートも出てしまったので行きたがってしまいました。・・・・・・・・・・・・・・・・に先頭に立ちましたが良い目標になった分、踏ん張り切れませんでした」との事。
今回の・・・・・・・・・・・・・・は良い材料で、ここは確勝級の1頭と言えます。


上記内容は会員様情報で以下のように公開させていただきました。

土曜日
小倉10レース
4ゲンパチルシファー
安定感抜群の馬で、昇級後は2,3,3,3着。
小倉1700m戦は休み明けで現級ハナ差2着の実績があり、当時はクモズレの影響で1週攻めを休んだ中での1戦だっただけに、順調に調整が出来ている今回は勝ち負け濃厚の1頭と言えます。
前走は「本当は砂を被せて我慢させたかったのですが、ペースが遅くてスタートも出てしまったので行きたがってしまいました。1ハロン標過ぎに先頭に立ちましたが良い目標になった分、踏ん張り切れませんでした」との事。
今回の距離短縮は良い材料で、ここは確勝級の1頭と言えます。

情報通りに4ゲンパチルシファーが1着となり、単勝 1.9倍的中で19万円獲得となりました。

19













日曜日

小倉10レース

4ショウナンナデシコ
前走はハナを譲って2番手からん競馬となり、3~4角で捲られた時に対応できず、内にササったところを外から被されて怯んでしまいズルズル後退して7着。
前走はハナを切れそうな出脚の良さを見せましたが、抑えて番手に控えたところで逃げ馬にスローに落とされてしまい13.0 - 13.4 - 12.6 - 11.9 - 12.2 - 12.7というL3最速戦で速いラップを求められたところで先に外から動かれて被されて何もできない内容の競馬となり、川田騎乗の騎乗ミスと言えるような酷いレースとなりました。
今回は新馬戦のようにペースをある程度引き上げてくる可能性が高く、テンの速さを生かしてハナを取れればこのメンバー構成なら巻き返し濃厚の1頭と言えます。





お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html

★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法


今週の1月18.19日週は確勝級の強力情報馬出走週のため、10万円開始のコロガシコースでの募集となります。


今週出走の確勝級の1頭

・・・・・・・・・・・の馬で、・・・・・・後は・・・・・・・・・着。
・・・・・・・・・・戦は休み明けで現級・・・・・・・着の実績があり、当時はクモズレの影響で1週攻めを休んだ中での1戦だっただけに、順調に調整が出来ている今回は勝ち負け濃厚の1頭と言えます。
前走は「本当は・・・・・・・・・・・我慢させたかったのですが、ペースが遅くてスタートも出てしまったので行きたがってしまいました。・・・・・・・・・・・・・・・・に先頭に立ちましたが良い目標になった分、踏ん張り切れませんでした」との事。
今回の・・・・・・・・・・・・・・は良い材料で、ここは確勝級の1頭と言えます。


先週の会員様情報結果

日曜日の結果

中山5レース

10イザラ
前走は好位の内から進めて理想的なレース運びで手応えも良く見えましたが、直線は前が壁になってしまい最後までしっかりと追えない消化不良のレースとなり4着。
「前が開かずに気分良く走らせてあげる事ができませんでした。ちょっともったいなかったですね」との事。
短期放牧明けを叩いた今回は上積みも見込め、Pコースで終い1F11.6の好時計をマークしている事からも大きな上積みが見込めます。

9タイキスウォード
当日の落ち着きがカギとなる馬ですが、2走前から厩舎装鞍に替えてから落ち着くようになり、2走前乗レースでは最後まで集中して盛り返す場面を見せての2着となりました。
前走はテン良し、中良し、終い良しというレース内容でしたが勝ち馬が強かったケースでの2着となり、もう順番の1頭と言えます。


上記2頭が2,3着となり、ワイド1点指示で3.9倍的中で11万7000円の払い戻しとなりました。

11121














土曜日の結果

中山9レース

16シゲルミズガメザ
この馬は未勝利勝ち時が好タイムの素晴らしいパフォーマンスでしたが、その時のパフォーマスが発揮できればこのクラスなでも通用していい馬と言えます。
昇級後は岩崎騎手が伸びない馬場の最内に突っ込んで詰まったり、抑えて進めて直線で前が詰まって脚を余したりと、鞍上が脚を引っ張っている感じがあります。
この馬はスタートセンスが良いだけに、折り合い面を考えると乗り難しいタイプと言え、岩崎騎手では折り合いばかり気にして力を発揮できていませんでした。
この馬の場合、スピードを生かした競馬が合っており、未勝利勝ちのパフォーマンスからも上がりがかかった方が良さそうなタイプと言えます。
今回は前傾ラップの消耗戦になりやすい中山芝1200mで、デムーロ騎手なら前目で攻める騎乗が期待でき、鞍上強化で一変に期待が持てる1頭です。

1コスモカルナック
休み明けとなった前走のクリスマスローズSは、ハイレベルメンバー相手にハイペース戦となり、で前へ行った馬には厳しい馬展開の中でも5着に踏ん張っており、今回のメンバーなら力上位の存在と言えます。
休養の効果でソエも良くなっており、以前見せていたズブさも解消されている点からも、叩き2戦目の今回は極端なハイペース戦にはならないメンバー構成だけに前走以上のパフォーマンスが期待できる1頭と言えます。


上記2頭が2,3着となり、ワイド1点指示で12.4倍的中で37万2000円の払い戻しとなりました。

372000













お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html

★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



このページのトップヘ