今週の大阪杯週は穴馬出走週のため、基本コース週となります。
会員様には大阪杯情報と、穴馬出走レースの情報を提供させていただきます。



土曜日の結果

阪神1レース
3メイショウホシアイ
2走前は除外で延びましたが好枠からリズム良く運べ、枠なりにコースロス無く進めて直線では4着馬の外に出してジワジワと伸びて来ました。
一度は2番手に浮上しましたがラスト30m付近で脚色が鈍ってしまい、ひと押しを欠いて3着。
1ハロン短縮となった前走は4角先頭で逃げ込み態勢に入って外から来た2頭に掴まりましたが、差し有利の展開を考えれば上等の内容と言え、「3角に入るところで内の馬に気を遣ったのがもったいなかったです」と国分騎手が話しており、コンマ1秒差という事を考えれば、スムーズならもっと際どかった内容と言えます。

16エアモンナンジュ
初戦の中京戦は外に張っていたために参考外と言える9着で、2戦目の前走は右回りの阪神戦で2着に好走。
「ゲートを出てくれてスムーズなレースができました。勝ち馬に展開が向きましたけど、少しモタれながらも並んだ時に踏ん張る素振りを見せていましたし、良く頑張ってくれました。」と吉田騎手。
直線は勝ち馬に抜かせないように坂までよく抵抗しており、後続に5馬身の差をつけている事からもチャンスが近い1頭と言えます。

会員様情報では上記情報馬2頭の馬連指示で4.9的中となり、14万7000円の払い戻しとなりました。

2421












日曜日の結果

阪神11レース
大阪杯

8レイパパレ
スローのロングスプリント戦になると強敵が多くなるメンバー構成で、コントレイルもサリオスも、そういう形で良さが出易い馬だけに、雨で渋れば相対的にチャンスが大きくなる1頭と言えます。
今の阪神は良馬場なら軽くなる可能性が高く、高速馬場での勝負よりは雨で渋って少し時計が掛かって前半のスピード面を生かす競馬に持ち込んだほうがトータル的に見て優位性を取れそうです。
コントレイルにとってベストは東京スポーツ杯の圧巻の内容から超高速馬場でのロングスプリントなのは間違いなく、グランアレグリアも2000で渋ると不安が大きくなります。
レイパパレの場合はスピード面で良さを見せており、息も入れての再加速が出来ている分だけ雨の恩恵はこの馬にはありそうな感じがあります。
雨で馬場が悪化すればするほど相対的に信頼度が高くなる1頭と言えます。


7コントレイル
この馬の場合は無敗で牝馬3冠を決めたデアリングタクトと違って時計やラップ面で次元が違うところを既に見せているという違いがあります。
デアリングタクトはエルフィンSの内容そのものはインパクトがありましたが、時計自体はそこまででもなくラップのインパクトで、コントレイルの東スポ杯はこれまで見てきた過去の2歳戦をすべて入れてもトップレベルの時計・ラップ推移で、1頭だけ別の種類の生き物というレベルの違いを見せていました。
皐月賞では速い流れの中、後方で脚を温存して動きたい3角で外に出してから仕掛ければ動けており、コーナーで動きの良いサトノフラッグの外から上がってきて直線入りでもう一段上のギアに入れてしっかりと先頭列まで上がってきてサリオスを捕えました。
ダービーでは好位で収まってコントロールして外に出してスッと反応し、向正面でペースが上がったところでしっかりと動いて折り合い面も問題なくレースセンスにも磨きがかかっています。
神戸新聞杯では馬なりワープを披露してL2で加速ラップ、しかも坂の登りでというところなので自身でレースラップ以上の加速度を作れなければ先頭には立つことができません。
それを馬なりでやってきているのは異次元のレベルと言え、世代限定戦での中距離なら2枚は抜けている存在と言えます。
サリオスを物差しにした場合、毎日王冠で古馬を子ども扱いしている点からもそこから更に3馬身前にいる存在のこの馬は古馬一線級が相手でも通用の器と言え、前走のジャパンカップではアーモンドアイには敗れましたがお釣りのない状態の中でも2着を死守して能力の高さを改めて証明して見せました。
立て直された今回は能力を発揮できる条件といえますが、道悪馬場よりも超高速馬場でパフォーマンスを上げるタイプだけに馬場適性の差で取りこぼす可能性はあります。

会員様にはレイパパレとコントレイルを1,2着固定、1,3着固定の3連単指示となりましたが、この情報馬2頭が1,3着となり1062.1倍的中で106万2100円の払い戻しとなりました。

6623












2020年の上半期G1レース週の結果(約580万円獲得)


フェブラリステークス週:48000円獲得

高松宮記念週:不的中

大阪杯週:18万5800円獲得

桜花賞週:11.1倍的中
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-04-13.html

皐月賞週:9万1800円獲得

天皇賞・春週:103万500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-05.html

NHKマイルカップ週:125万9500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-11.html


ヴィクトリアマイル週:85万100円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-18.html

オークス週:3万9040円獲得

ダービー週:32万7400円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-06-02.html

安田記念週:不的中

宝塚記念:183万8700円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5711716.html


お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html


★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。