競馬競馬競馬


お申し込み方法

阪神11レース

阪神大賞典

阪神3000mの舞台は、京都の長丁場とは異なり、逃げ切るのが難しくポテンシャルタイプが好走するコースとなります。
その理由は京都の場合は要所の坂でペース判断を誤る事があり、後続の仕掛けが遅れてそのまま平坦の直線で差し損ねてしまうため京都は逃げ残りが頻発しますが、阪神の場合は要所でのペース判断ミスが起こらないために、ポテンシャルタイプが長い脚を使ってそのまま直線の坂で前が失速するとこを差し切れます。

9サトノダイヤモンド
この馬はスピードの幅は広くてもダービーや神戸新聞杯の様にスローでもある程度折り合って入っていく事ができ、動きたいタイミングでもしっかりと動きだせています。
トップスピード面ではマカヒキ相手に見劣りましたが、これは落鉄をしてのもので、まともならダービーを勝っていたのはこの馬です。
後半要素は現役最強レベルなのは間違いなく、ダービーのラストの渋太さ、神戸新聞杯の差されそうで差されそうにないラストの踏ん張り、菊花賞での突き抜け、有馬記念でのL1の伸び等、この馬の真骨頂はポテンシャルを活かしたL1の渋太さと言えます。
総合力の高さを見せていた馬だが長距離で開花したのもこのL1の踏ん張りを活かせるためで、ポテンシャルを出し切れるこの舞台は最有力候補と言えます。


3シュバルグラン
前走の有馬記念ではサトノダイヤモンドに0.5秒差の6着と完敗していますが、この馬のベストバウトはタンタアレグリアを2馬身半ちぎった昨年のこのレースとなります。
3連勝でオープンクラスへの昇格を果たしたものの、1番人気に推された日経新春杯(G2)で取りこぼし、大目標の天皇賞・春出走に向けて負けられない一戦となった阪神大賞典では、4コーナーから豪快なまくりを見せて最後は流しての完勝となりました。
スタミナ種牡馬ハーツクライの産駒として、高いステイヤー適性を持っており、昨年は天皇賞・春とジャパンC(G1)で3着。
3000mでも良い瞬発力を発揮でき、長距離適性抜群なだけに、ここはサトノダイヤモンドと互角に戦える舞台と言えます。
ただ、鞍上の福永騎手は流れに沿った騎乗となるため、通常通りのレースをした場合にはサトノダイヤモンドを逆転するのは難しいように思えます。



会員様情報では馬単1点で9→3 1.7倍的中となりました。


2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

お申し込み方法

http://keibag1c.blog.jp/archives/5321680.html

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)




お申し込み方法

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円

お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません