回収率100%以上のコロガシ競馬

2020年02月




お申し込み方法



今週の2月29,3月1日週は穴馬出走週となります。



土曜日情報
中京2レース

3アベックフォルス
今回は一変が期待できる1頭。
2走前の内容が優秀で、超ハイペース戦を先行して2着に走る好内容となっており、3着馬には3馬身差、4着馬には6馬身差、5着馬には10馬身の差をつけていました。
その次戦は初戦よりも劣るハイペースで逃げ粘れずに7着となりましたが、速い上がりに対処しきれずに直線はずっと左手前のままではしっており、この馬の場合は楽なペースで逃げるよりも後ろの馬に脚を使わせてこそのスタミナタイプの印象が残りました。
休み明けとなった前走は2歩目で躓きそうになったためにハナには行けませんでしたが、直線入り口では絶好の手応えを見せるも追い出したタイミングで躓いたことでデムーロ騎手が追うのをやめてしまい9着に大敗しました。
前走は追っていてもキレ負けしていたと思いますが、前走の大敗はこの馬の能力ではなく、まともなら掲示板には載れていたように思えます。
前走は消耗が無かった事から今回は連闘で挑む事となり、先行タイプが少なくて楽な逃げが打てそうなメンバー構成のここは、巻き返し濃厚の1頭と言えます。
3走前の内容からも全馬がバテそうな中京ダート1900mという条件は良いはずで、このメンバー構成で逃げられれば勝ち負けに持ち込める可能性が高い1頭です。




1月1週目 14万1000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-06.html

1月2週目 48万9000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-13.html

2月2週目 65万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5692262.html

2月3週目 12万7600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5693070.html


お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の2月29,3月1日週は穴馬出走週となります。



先週の会員様情報結果

日曜日の結果
京都12レース

5タガノプレトリア
使い込むと硬さが出るタイプの馬で間隔を開けて使われていますが、3走前はいつになく自分から進む気を出しており、いつもより前で競馬が出来ていました。その中でスムーズに進めて3着に好走しましたが、10キロ増で馬体に余裕がある中でのものでした。
大きな上積みが期待できた次走は2着となりましたが、勝ち馬にマークされる厳しい形での競馬で最後はひと踏ん張りが利きませんでした。
このレースは超ハイペース戦となり、11.5 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 12.1とコーナーで緩みが生じて、この地点で内で我慢させられて直線で捌いて抜け出したいところに外から一気にスマートに差される格好。
ただ、流れた中でキックバックを受けてもしっかりと動きたいところで動けていた点は評価できます。
2走前の阪神1400m戦でもかなりのハイペースを好位で無理せず入って12.1 - 12.2 - 12.2 - 12.5 - 12.6のラップ推移で好位の外から正攻法で進めてL2先頭列まで伸びてきました。
3列目から詰めてきている事からも、ハイペースになり切らなくても決め手の質を持っているだけに展開不問で崩れる可能性が低い1頭と言えます。
現級で2着5回、3着2回の実績馬だけに、ここも力上位の存在と言えます。

15ケイアイターコイズ
シャドーロール→チークピーシーズ→ブリンカー+シャドーロール→チークピーシーズと、馬具を色々工夫して挑んでいますが、あと一歩の踏ん張りが利かずに勝ち切れない競馬が続いています。
前走は押し出されて逃げる形となりましたが、ゆっくり逃げて楽なペースで逃げることが出来ていました。
理想的な展開でも逃げきれなかったのは「どうも後ろの馬を待つようなところがあります」と藤懸騎手が話しており、勝ち味に遅いタイプと言えます。
今回も人気を集めそうな1頭ですが、2~3着で狙いたい1頭です。


上記情報馬が1-3着となり48倍的中となりました。





1月1週目 14万1000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-06.html

1月2週目 48万9000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-13.html

2月2週目 65万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5692262.html

2月3週目 12万7600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5693070.html


お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法





日曜日の結果
京都12レース

5タガノプレトリア
使い込むと硬さが出るタイプの馬で間隔を開けて使われていますが、3走前はいつになく自分から進む気を出しており、いつもより前で競馬が出来ていました。その中でスムーズに進めて3着に好走しましたが、10キロ増で馬体に余裕がある中でのものでした。
大きな上積みが期待できた次走は2着となりましたが、勝ち馬にマークされる厳しい形での競馬で最後はひと踏ん張りが利きませんでした。
このレースは超ハイペース戦となり、11.5 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 12.1とコーナーで緩みが生じて、この地点で内で我慢させられて直線で捌いて抜け出したいところに外から一気にスマートに差される格好。
ただ、流れた中でキックバックを受けてもしっかりと動きたいところで動けていた点は評価できます。
2走前の阪神1400m戦でもかなりのハイペースを好位で無理せず入って12.1 - 12.2 - 12.2 - 12.5 - 12.6のラップ推移で好位の外から正攻法で進めてL2先頭列まで伸びてきました。
3列目から詰めてきている事からも、ハイペースになり切らなくても決め手の質を持っているだけに展開不問で崩れる可能性が低い1頭と言えます。
現級で2着5回、3着2回の実績馬だけに、ここも力上位の存在と言えます。

15ケイアイターコイズ
シャドーロール→チークピーシーズ→ブリンカー+シャドーロール→チークピーシーズと、馬具を色々工夫して挑んでいますが、あと一歩の踏ん張りが利かずに勝ち切れない競馬が続いています。
前走は押し出されて逃げる形となりましたが、ゆっくり逃げて楽なペースで逃げることが出来ていました。
理想的な展開でも逃げきれなかったのは「どうも後ろの馬を待つようなところがあります」と藤懸騎手が話しており、勝ち味に遅いタイプと言えます。
今回も人気を集めそうな1頭ですが、2~3着で狙いたい1頭です。


上記情報馬が1-3着となり48倍的中となりました。




先週の2月15,16日週は本年4度目の穴馬出走週となりました。
http://keibag1c.blog.jp/archives/5693070.html
(2月3週目 12万7600円獲得)


1月1週目 14万1000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-06.html

1月2週目 48万9000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-13.html

2月2週目 65万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5692262.html



お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の2月22,23日週は本年5度目の穴馬出走週となります。

日曜日情報
東京11レース

フェブラリーS

16ワンダーリーデル
基本的には前半からスピードが問われた方が良いタイプですが、ゲートが甘いために展開待ちのタイプとなります。
ただ、3走前の武蔵野Sの様に噛み合い切れば良馬場でも強烈な時計を出せるタイプで、厳しい流れなら急浮上する1頭となります。
適性的には好走スポットが狭いタイプですが、そういうタイプがハマるシーンが見られるのがフェブラリーSであり、東京マイルの激流なら怖さは増す1頭となります。

7ヴェンジェンス
前走の東海Sはインティもかなり難しい競馬をしていましたが、後半のポテンシャル面という点で見ればこちらも3~4角でかなりのロスがありました。
それでも最後まで伸びてきていたように出し切れれば相当高いパフォーマンスが期待できます。
1400mではスピードに特化した展開で少し甘さを見せていただけに、マイルの距離で流れれば面白い存在となります。
単純なパフォーマンスとしてみてもみやこSや、前走の東海Sはかなり強い競馬ができており、流れればチャンスがある一頭と言えます。

4タイムフライヤー
平均まででコントロールされて中団からの競馬では難しくなりますが、極端なハイペースでも無理せず好位~中団なら対応可能で、芝スタートでも武蔵野Sの感じならある程度いい位置を取れそうです。
ややハイペースで好位外目から仕掛けを待つ形でも面白いタイプで、適性が偏っている馬が多い中である程度対応が利くタイプだけに大崩れの不安は少ない1頭です。

10ノンコノユメ
この馬の弱点はコーナーでの加速が難しいところで、急コーナーのコースではほとんどの馬がコーナーで動けないために弱点が目立ちませんが、緩いコーナーのコースでは相対的に厳しくなってしまいます。
ただ、東京マイルでは嵌る時は嵌る馬で、コーナーでラップが速くなると動けない以上直線が長い方が良いタイプだけに、フェブラリーSを勝った時のように単調な流れになれば好走の可能性が高くなってきます。
この馬の場合、3~4角であまり速いラップを要求されない方が良いため、中弛みが生じる展開が理想で、前半ハイペースからの中弛みで外から食らいついて直線に入ってこれればワンチャンスある1頭と言えます。


この他の有力馬情報は会員様情報で公開させていただきます。




先週の2月15,16日週は本年4度目の穴馬出走週となりました。
http://keibag1c.blog.jp/archives/5693070.html
(2月3週目 12万7600円獲得)


1月1週目 14万1000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-06.html

1月2週目 48万9000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-13.html

2月2週目 65万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5692262.html



お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の2月22,23日週は本年5度目の穴馬出走週となります。

フェブラリーSは近3年連続的中継続のドル箱レースとなります。
今週のフェブラリーSは例年の倍額(約6万円)での勝負指定レースとなります。



昨年のフェブラリーSは情報馬2頭の一騎打ちで馬連4.3倍的中
http://keibag1c.blog.jp/archives/2019-02-18.html

2018年のフェブラリーSは415.6倍的中
http://keibag1c.blog.jp/archives/2018-02-19.html

2017年のフェブラリーSは3点指示で20万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-02-19.html


土曜日情報

東京8レース

5フローズンスタイル
今回の条件で巻き返しが期待できる1頭。
この馬のデビュー戦はかなりハイレベルな1戦で、3着馬ビターエンダーは重賞2着、4着ミッキーハッスル、5着レッドライデン、6着マイネルデステリョが全て勝ち上がっています。
この強力メンバー相手に1馬身突き放す好タイム勝ちで、条件さえ合えば1勝クラスでも通用する馬と言えます。
前走は昇級初戦で2番人気に推されましたが、中山コースのロングスパート戦で最後に脚を無くして5馬身以上離されての4着。
これまでの2戦を見ると、前半スローから最後の瞬発力勝負になる東京コースで良さが出るタイプと言え、フットワークからの小回りよりも広いコース向きと言えます。
今回は少頭数でスロー濃厚のメンバー構成となり、新馬戦と同舞台のここは高いパフォーマンスが期待でき、前走の敗戦で妙味が生じる1頭となります。




先週の2月15,16日週は本年4度目の穴馬出走週となりました。
http://keibag1c.blog.jp/archives/5693070.html
(2月3週目 12万7600円獲得)


1月1週目 14万1000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-06.html

1月2週目 48万9000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-13.html

2月2週目 65万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5692262.html



お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



このページのトップヘ