回収率100%以上のコロガシ競馬

2020年01月




お申し込み方法




今週の2月1,2日週は10万円開始の2点以内コロガシ週となります。




週の1月25,26日週は、10万円開始(1点×1点)のコロガシ週となりました。

土曜日の結果

中山12レース(10万円ころがし1鞍目)
3ナリス
今回が狙い目となる1頭。
小倉芝2000mを逃げて2馬身で圧勝した未勝利勝ちは圧巻のパフォーマンスで、立ち回りの上手さがこの馬の武器と言えます。
昇級初の君子蘭賞ではハイペースを先行して失速してしまいましたが、その後のレースでは徐々に距離を短縮して1600→1400→1200→1200→1200mに使われて3,4,3,10,11着。
スプリント路線の後半は低迷が続きましたが、マイル戦に距離を延長すると好タイムのハイレベル戦でソシアルクラブの2着となり、一気にパフォーマンスを高めてきました。
ソシアルクラブがは上のクラスも勝ち上がっている実力馬で、相手が強すぎたケースの1戦となりましたが、ここ2戦も脚を余すようなレースぶりながら安定して力は見せており、明らかにこのクラスでは上位の馬と言えます。
今回は1800mへの距離延長+未勝利を圧勝した立ち回りの上手さが問われる小倉戦というのは絶好の条件と言え、小倉の未勝利を逃げて勝利した藤岡康太騎手なら近走で見せた極端な後方待機策は取らないはずで、スムーズな競馬さえできれば能力的にも適性的にも勝ち負け濃厚の1頭と言えます。


3ナリスの複勝1点指示となりましたが、ナリスが1着となり複勝1.9倍的中となりました。

fa











日曜日の結果
中山1レース(10万円ころがし2鞍目)

15グルアーブ
初戦は同厩舎の勝ち馬が内をうまく立ち回っていたのに対してこちらは15番枠と言う事もあって外を回る形となり、この馬なりにしっかりと脚を使って3着。
初戦は除外で延びた影響もあっただけに順調に使えた前走は使われた上積みもあり、クビ差の2着に好走。
しかも前走はスタートの1歩目を大きく出てしまい、2歩目がバランスを取りながらになったために遅れて後方からの競馬とりました。
初戦とは違って前走は向正面で砂を被って嫌がる面を見せてしまいましたが、慣れてからは器用に動いて4角での立ち上がりもよくゴール前は目を引く伸びを見せて勝ち馬に詰め寄ってきました。
前走は決め手に磨きをかける内容の競馬ができており、今後も崩れず堅実に走ってきそうなセンスの良い走りをしているだけに、流れ一つで勝ち上がれそうな馬で崩れる不安の少ない1頭と言えます。

11サツキマス
ゲートが速い馬で、近走は良いポジションで競馬ができるために安定感のあるレース内容で3,3着。
前走は好位の内目で脚を溜める競馬となりましたが、手応えの割に追われてからの伸び脚がジリジリになってしまいました。
前走は未勝利戦の割にペースが速くなってしまい、前半に脚を使わされた分だけ弾ける事ができませんでしたが、それでも最後まで脚を使えており、自力上位は示しました。
今回も崩れる不安の少ない1頭と言えます。


結果は上記2頭の馬連1点指示となり、馬連3.3倍的中で62万7000円の払い戻しとなりました。

uhuu












お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の1月25,26日週は、先週と同様10万円開始のコロガシ週となります。


土曜日の結果
中山12レース
3ナリス
今回が狙い目となる1頭。
小倉芝2000mを逃げて2馬身で圧勝した未勝利勝ちは圧巻のパフォーマンスで、立ち回りの上手さがこの馬の武器と言えます。
昇級初の君子蘭賞ではハイペースを先行して失速してしまいましたが、その後のレースでは徐々に距離を短縮して1600→1400→1200→1200→1200mに使われて3,4,3,10,11着。
スプリント路線の後半は低迷が続きましたが、マイル戦に距離を延長すると好タイムのハイレベル戦でソシアルクラブの2着となり、一気にパフォーマンスを高めてきました。
ソシアルクラブがは上のクラスも勝ち上がっている実力馬で、相手が強すぎたケースの1戦となりましたが、ここ2戦も脚を余すようなレースぶりながら安定して力は見せており、明らかにこのクラスでは上位の馬と言えます。
今回は1800mへの距離延長+未勝利を圧勝した立ち回りの上手さが問われる小倉戦というのは絶好の条件と言え、小倉の未勝利を逃げて勝利した藤岡康太騎手なら近走で見せた極端な後方待機策は取らないはずで、スムーズな競馬さえできれば能力的にも適性的にも勝ち負け濃厚の1頭と言えます。


3ナリスの複勝1点指示となりましたが、ナリスが1着となり複勝1.9倍的中となりました。

fa










日曜日の結果
中山1レース

15グルアーブ
初戦は同厩舎の勝ち馬が内をうまく立ち回っていたのに対してこちらは15番枠と言う事もあって外を回る形となり、この馬なりにしっかりと脚を使って3着。
初戦は除外で延びた影響もあっただけに順調に使えた前走は使われた上積みもあり、クビ差の2着に好走。
しかも前走はスタートの1歩目を大きく出てしまい、2歩目がバランスを取りながらになったために遅れて後方からの競馬とりました。
初戦とは違って前走は向正面で砂を被って嫌がる面を見せてしまいましたが、慣れてからは器用に動いて4角での立ち上がりもよくゴール前は目を引く伸びを見せて勝ち馬に詰め寄ってきました。
前走は決め手に磨きをかける内容の競馬ができており、今後も崩れず堅実に走ってきそうなセンスの良い走りをしているだけに、流れ一つで勝ち上がれそうな馬で崩れる不安の少ない1頭と言えます。

11サツキマス
ゲートが速い馬で、近走は良いポジションで競馬ができるために安定感のあるレース内容で3,3着。
前走は好位の内目で脚を溜める競馬となりましたが、手応えの割に追われてからの伸び脚がジリジリになってしまいました。
前走は未勝利戦の割にペースが速くなってしまい、前半に脚を使わされた分だけ弾ける事ができませんでしたが、それでも最後まで脚を使えており、自力上位は示しました。
今回も崩れる不安の少ない1頭と言えます。


結果は上記2頭の馬連1点指示となり、馬連3.3倍的中で62万7000円の払い戻しとなりました。

uhuu










お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の1月25,26日週は、先週と同様10万円開始のコロガシ週となります。


土曜日の結果
中山12レース
3ナリス
今回が狙い目となる1頭。
小倉芝2000mを逃げて2馬身で圧勝した未勝利勝ちは圧巻のパフォーマンスで、立ち回りの上手さがこの馬の武器と言えます。
昇級初の君子蘭賞ではハイペースを先行して失速してしまいましたが、その後のレースでは徐々に距離を短縮して1600→1400→1200→1200→1200mに使われて3,4,3,10,11着。
スプリント路線の後半は低迷が続きましたが、マイル戦に距離を延長すると好タイムのハイレベル戦でソシアルクラブの2着となり、一気にパフォーマンスを高めてきました。
ソシアルクラブがは上のクラスも勝ち上がっている実力馬で、相手が強すぎたケースの1戦となりましたが、ここ2戦も脚を余すようなレースぶりながら安定して力は見せており、明らかにこのクラスでは上位の馬と言えます。
今回は1800mへの距離延長+未勝利を圧勝した立ち回りの上手さが問われる小倉戦というのは絶好の条件と言え、小倉の未勝利を逃げて勝利した藤岡康太騎手なら近走で見せた極端な後方待機策は取らないはずで、スムーズな競馬さえできれば能力的にも適性的にも勝ち負け濃厚の1頭と言えます。


3ナリスの複勝1点指示となりましたが、ナリスが1着となり複勝1.9倍的中となりました。

fa










日曜日
中山1レース

15グルアーブ
初戦は同厩舎の勝ち馬が内をうまく立ち回っていたのに対してこちらは15番枠と言う事もあって外を回る形となり、この馬なりにしっかりと脚を使って3着。
初戦は除外で延びた影響もあっただけに順調に使えた前走は使われた上積みもあり、クビ差の2着に好走。
しかも前走はスタートの1歩目を大きく出てしまい、2歩目がバランスを取りながらになったために遅れて後方からの競馬とりました。
初戦とは違って前走は向正面で砂を被って嫌がる面を見せてしまいましたが、慣れてからは器用に動いて4角での立ち上がりもよくゴール前は目を引く伸びを見せて勝ち馬に詰め寄ってきました。
前走は決め手に磨きをかける内容の競馬ができており、今後も崩れず堅実に走ってきそうなセンスの良い走りをしているだけに、流れ一つで勝ち上がれそうな馬で崩れる不安の少ない1頭と言えます。



お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の1月25,26日週は、先週と同様10万円開始のコロガシ週となります。


土曜日の結果
中山12レース
3ナリス
今回が狙い目となる1頭。
小倉芝2000mを逃げて2馬身で圧勝した未勝利勝ちは圧巻のパフォーマンスで、立ち回りの上手さがこの馬の武器と言えます。
昇級初の君子蘭賞ではハイペースを先行して失速してしまいましたが、その後のレースでは徐々に距離を短縮して1600→1400→1200→1200→1200mに使われて3,4,3,10,11着。
スプリント路線の後半は低迷が続きましたが、マイル戦に距離を延長すると好タイムのハイレベル戦でソシアルクラブの2着となり、一気にパフォーマンスを高めてきました。
ソシアルクラブがは上のクラスも勝ち上がっている実力馬で、相手が強すぎたケースの1戦となりましたが、ここ2戦も脚を余すようなレースぶりながら安定して力は見せており、明らかにこのクラスでは上位の馬と言えます。
今回は1800mへの距離延長+未勝利を圧勝した立ち回りの上手さが問われる小倉戦というのは絶好の条件と言え、小倉の未勝利を逃げて勝利した藤岡康太騎手なら近走で見せた極端な後方待機策は取らないはずで、スムーズな競馬さえできれば能力的にも適性的にも勝ち負け濃厚の1頭と言えます。


3ナリスの複勝1点指示となりましたが、ナリスが1着となり複勝1.9倍的中となりました。

fa













お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



今週の1月25,26日週は、先週と同様10万円開始のコロガシ週となります。


土曜日
中山12レース
3ナリス
今回が狙い目となる1頭。
小倉芝2000mを逃げて2馬身で圧勝した未勝利勝ちは圧巻のパフォーマンスで、立ち回りの上手さがこの馬の武器と言えます。
昇級初の君子蘭賞ではハイペースを先行して失速してしまいましたが、その後のレースでは徐々に距離を短縮して1600→1400→1200→1200→1200mに使われて3,4,3,10,11着。
スプリント路線の後半は低迷が続きましたが、マイル戦に距離を延長すると好タイムのハイレベル戦でソシアルクラブの2着となり、一気にパフォーマンスを高めてきました。
ソシアルクラブがは上のクラスも勝ち上がっている実力馬で、相手が強すぎたケースの1戦となりましたが、ここ2戦も脚を余すようなレースぶりながら安定して力は見せており、明らかにこのクラスでは上位の馬と言えます。
今回は1800mへの距離延長+未勝利を圧勝した立ち回りの上手さが問われる小倉戦というのは絶好の条件と言え、小倉の未勝利を逃げて勝利した藤岡康太騎手なら近走で見せた極端な後方待機策は取らないはずで、スムーズな競馬さえできれば能力的にも適性的にも勝ち負け濃厚の1頭と言えます。




お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html




★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



このページのトップヘ