回収率100%以上のコロガシ競馬

2018年11月04日





お申し込み方法



11月3,4日週は10万円ころがし勝負週となりました。


平日段階での公開内容

・・・・・・走前の勝ち時計は同日の・・・・・・・よりもコンマ・・・・・・・・・だけでほぼ互角の内容と言え、前走の・・・・・・・・・・・・・着時はレース後に・・・・・・・の・・・・・・・・・が見られ、レース前からの異様な発汗が目立っていただけに状態面の悪さが敗因と言えます。
「前走は・・・・・・・・・・・後の・・・・・・・・・・・・で・・・・・・・日とあって、暑さが応えていたようです。来年の・・・・・・・・・・・・・を目指している馬ですから、ここはアッサリでしょう」との事。
前走を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・早く、ここは仕切り直しで確勝級の1頭と言えます。

詳細は会員様情報で公開させていただきました。




土曜日の結果
京都10レース

3シヴァージ
2走前の勝ち時計は同日の3歳GⅢ戦よりもコンマ2秒遅いだけでほぼ互角の内容と言え、前走のテレビ静岡賞2着時はレース後に熱中症の症状が見られ、レース前からの異様な発汗が目立っていただけに状態面の悪さが敗因と言えます。
「前走は台風通過後のフェーン現象で真夏日とあって、暑さが応えていたようです。来年のフェブラリーSを目指している馬ですから、ここはアッサリでしょう」との事。
前走を使ったあとの回復は早く、ここは仕切り直しで確勝級の1頭と言えます。

1カネトシビバーチェ
この馬は基本的にある程度流れた中で内で立ち回る競馬が好走パターンで、2走前の大スポ杯は重馬場の高速ダートで超ハイペース戦となり、11.2-11.4-11.4-12.0-13.0の淀み無いラップ推移の中で後方内から渋太く差し込んでの2着。
また、昨年貴船Sでは強敵相手に3着の実績があり、この時は平均ペースで流れて11.9-12.0-12.0-11.9-12.2と後半12秒前後を連続するような後半要素が問われた中で好位の内から立ち回って渋太く粘っての3着となりました。
相手がドライブナイト、ファッショニスタという実力馬で、勝ち馬ドライブナイトはその後にすばるS(OP)を勝っており、2着のファッショニスタはその後に準オープンを勝ち上がっています。
この馬は京都1400m実績もあり、流れても平均ペースで後半勝負になってもやれるうえに今回は好走条件となる内枠を引き当て、シヴァージを目標にできればセットで圏内に来れそうな1頭です。

11ヤマニンアンプリメ
2走前は休養明けの1戦でしたが、攻め駆けするタイプながらも追走して追いつけない内容で馬体も重めで完調手前の状態で3着。
道中もモタモタして走っており、直線でも右手前のままで走っており、参考外の1戦と言えます。
叩かれた前走は稽古の動きも良化し、外枠から砂を被らずにスムーズな競馬が出来て2着。
この馬は揉まれ弱さがあるだけに、外目の枠が理想でオープンクラスでも好走していただけに能力はこのクラスでは上位と言えます。

会員様にはワイド2点指示となりましたが、◎シヴァージが2着となり、3着にカネトシビバーチェが入ってワイド5.9倍的中となりました。

i














日曜日の結果

京都11レース

8ケイティブレイブ
昨年の帝王賞勝ち馬で、この時は重馬場で平均ペースとなり12.6-12.4-12.3-12.6-12.2-12.8のラップを外から追走して直線でまとめて差し切りました。
この内容からもスピードで勝負するよりも消耗戦向きのイメージがあり、前走の日本テレビ盃では超スローで流れて12.4-11.8-12.0-12.0-12.6のL4最速のロングスパート戦となり、消耗戦を番手から抜け出して上がり最速というパフォーマンスでの勝利となりました。
この馬の場合は無理のない範囲で入って後半のポテンシャル勝負が理想で、京都1900m戦の舞台なら平安S5着のような極端なハイペースを前目で進めない限りは崩れる不安の少ない1頭と言えます。

14オメガパフューム
前走のシリウスSは高速ダートで後半を12.2-12.3-12.3-12.2-11.9-12.4というラップを刻む中での6Fからもう一段の脚を使うというところでワンテンポ早く仕掛けてそのまま押し切りました。
3角が緩く下りでスピードに乗って入っていきやすい京都のコースは適性的に合っており、ペースも問題無く消耗戦タイプだけに、ケイティブレイブが来る展開ならこの馬も崩れる可能性が低い1頭となります。

ルメール騎手が騎乗のサンライズソアは今回人気必至の1頭ですが、スローのロングスパート戦で考えるとテイエムジンソクは強敵とは言えず、結果的にグレイトパールが下降線でミツバはロスがあったことを考えるとこの馬の見せたパフォーマンスからは1番人気になるほほどの馬とは言えず、今回は展開も向かないため、危険な人気馬と言えます。

会員様にはケイティブレーブとオメガパフュームの馬連、ワイド各1点指示となり、この2頭のワンツー決着で馬連7.6倍、ワイド3.4倍のダブル的中で122万2400円の払い戻しとなりました。

412
















お申し込み方法



2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)

66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)


コロガシ成功週 14回

土曜日不的中→日曜日的中週 5回

土曜日的中→日曜日不的中週 8回

土曜日、日曜日ともに的中0週 6回


2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました



★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)

57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2017年は基本コース週19回のうち、12回で利益を上げていただきました



2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)



2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)

純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績

的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)

純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)

回収率176.8%(257万6100→455万5560)

コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。











お申し込み方法



今週は10万円ころがし勝負週となります。


平日段階での公開内容

・・・・・・走前の勝ち時計は同日の・・・・・・・よりもコンマ・・・・・・・・・だけでほぼ互角の内容と言え、前走の・・・・・・・・・・・・・着時はレース後に・・・・・・・の・・・・・・・・・が見られ、レース前からの異様な発汗が目立っていただけに状態面の悪さが敗因と言えます。
「前走は・・・・・・・・・・・後の・・・・・・・・・・・・で・・・・・・・日とあって、暑さが応えていたようです。来年の・・・・・・・・・・・・・を目指している馬ですから、ここはアッサリでしょう」との事。
前走を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・早く、ここは仕切り直しで確勝級の1頭と言えます。

詳細は会員様情報で公開させていただきました。




土曜日の結果
京都10レース

3シヴァージ
2走前の勝ち時計は同日の3歳GⅢ戦よりもコンマ2秒遅いだけでほぼ互角の内容と言え、前走のテレビ静岡賞2着時はレース後に熱中症の症状が見られ、レース前からの異様な発汗が目立っていただけに状態面の悪さが敗因と言えます。
「前走は台風通過後のフェーン現象で真夏日とあって、暑さが応えていたようです。来年のフェブラリーSを目指している馬ですから、ここはアッサリでしょう」との事。
前走を使ったあとの回復は早く、ここは仕切り直しで確勝級の1頭と言えます。

1カネトシビバーチェ
この馬は基本的にある程度流れた中で内で立ち回る競馬が好走パターンで、2走前の大スポ杯は重馬場の高速ダートで超ハイペース戦となり、11.2-11.4-11.4-12.0-13.0の淀み無いラップ推移の中で後方内から渋太く差し込んでの2着。
また、昨年貴船Sでは強敵相手に3着の実績があり、この時は平均ペースで流れて11.9-12.0-12.0-11.9-12.2と後半12秒前後を連続するような後半要素が問われた中で好位の内から立ち回って渋太く粘っての3着となりました。
相手がドライブナイト、ファッショニスタという実力馬で、勝ち馬ドライブナイトはその後にすばるS(OP)を勝っており、2着のファッショニスタはその後に準オープンを勝ち上がっています。
この馬は京都1400m実績もあり、流れても平均ペースで後半勝負になってもやれるうえに今回は好走条件となる内枠を引き当て、シヴァージを目標にできればセットで圏内に来れそうな1頭です。

11ヤマニンアンプリメ
2走前は休養明けの1戦でしたが、攻め駆けするタイプながらも追走して追いつけない内容で馬体も重めで完調手前の状態で3着。
道中もモタモタして走っており、直線でも右手前のままで走っており、参考外の1戦と言えます。
叩かれた前走は稽古の動きも良化し、外枠から砂を被らずにスムーズな競馬が出来て2着。
この馬は揉まれ弱さがあるだけに、外目の枠が理想でオープンクラスでも好走していただけに能力はこのクラスでは上位と言えます。

会員様にはワイド2点指示となりましたが、◎シヴァージが2着となり、3着にカネトシビバーチェが入ってワイド5.9倍的中となりました。

i












日曜日

京都11レース

8ケイティブレイブ
昨年の帝王賞勝ち馬で、この時は重馬場で平均ペースとなり12.6-12.4-12.3-12.6-12.2-12.8のラップを外から追走して直線でまとめて差し切りました。
この内容からもスピードで勝負するよりも消耗戦向きのイメージがあり、前走の日本テレビ盃では超スローで流れて12.4-11.8-12.0-12.0-12.6のL4最速のロングスパート戦となり、消耗戦を番手から抜け出して上がり最速というパフォーマンスでの勝利となりました。
この馬の場合は無理のない範囲で入って後半のポテンシャル勝負が理想で、京都1900m戦の舞台なら平安S5着のような極端なハイペースを前目で進めない限りは崩れる不安の少ない1頭と言えます。



お申し込み方法



2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)

66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)


コロガシ成功週 14回

土曜日不的中→日曜日的中週 5回

土曜日的中→日曜日不的中週 8回

土曜日、日曜日ともに的中0週 6回


2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました



★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)

57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2017年は基本コース週19回のうち、12回で利益を上げていただきました



2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)



2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)

純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績

的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)

純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)

回収率176.8%(257万6100→455万5560)

コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。







このページのトップヘ