回収率100%以上のコロガシ競馬

2018年03月



お申し込み方法


今週は穴馬出走の基本コース週となります。


土曜日情報
中山11レース
ダービー卿チャレンジトロフィー

12サンライズメジャー

人気の2レッドアンシェルは関東輸送競馬では大きく馬体重を減らす馬で、前回富士Sでは当週調教後から20キロ減の444キロでの出走となっており、この中間も馬体が戻っていない様子だけに、これまでと同様なら当日二桁馬体減になる可能性があります。
また、今の中山は内が荒れており、内枠の馬には厳しい条件となっています。

府中マイル向きのグレーターロンドンは条件が前回よりも悪くなるため、パフォーマンスの巻き返しは期待できません。

人気のマルターズアポジーは一戦毎に力を振り絞る走りをするタイプだけに、激走後は走れない傾向もあり信頼度は高くありません。

ソルヴェイグは前週高松宮記念除外を受けてのスライド出走となりますが、昨秋もスプリンターズS除外で翌週に回りましたが、当時は状態を維持できなかったため、今回も高松宮記念当週の調教内容からもピークに仕上げられていましたが、それを維持できているかがカギとなります。


昨年以上の高メンバーとなったダービー卿CTですが、信頼できない人気馬が多く見られ、12サンライズメジャーから入りたい1戦となります。

6走前のマイラーズカップではエアスピネル、イスラボニータ相手に5着に健闘し、
5走前の安田記念では発馬で躓いてしまい、Hペース戦での先行失速は度外視できる内容です。
4走前中京記念は内が有利な馬場で致命的となった大外枠からの競馬となり、9着は悲観する内容ではありません。
3走前はペースが遅く、展開不利の中でハンデを背負って3着に好走し最速上がりをマークし、2走前は強敵が揃っていた中で4着に健闘。

この馬は気性面に難があり、1シーズンで走れるのは1~2戦程度となっており、好走激走後は崩れがちという傾向があります。
(4→10着、2→13着、2→11着)
1シーズンで好走級できなかったのは過去1度も無く、近走は最速上がりをマークするなどまだ年齢的な衰えは見せていません。

このダービー卿CTは3年連続の参戦となりますが、3月1週目から時計を出した一昨年は善戦で、3月2週目から時計を出した昨年は態勢不足で全く走れませんでした。
本年は前者のパターンで、今回のように水準級の時計を積み重ねる調教パターンはコノ厩舎としてはかなり珍しい内容となっています・・・この先は会員様情報で公開させていただきます。





2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)

コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました


★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19
回のうち、12回で利益を上げていただきました


2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)



2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円

2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



お申し込み方法


メールアドレスstan●_alon●_complex@gct●.ne.jpの会員様。

コチラからメールを送ってもエラーで送れない状況となっています。

パソコンからのメール受信設定を『可能』に設定を行うか、当メールアドレスの受信可能設定を行うようにされて下さい。

設定完了後に再度ご連絡をお願いします。

メールが届かない状況となっていますので、下記掲示でもご案内させていただきます。
http://m.z-z.jp/?cck
↑パスワードは上記メールアドレスの●●●となります。



今週の会員様情報は通常よりも割り引いた価格での登録とさせていただきます。

今週は穴馬出走の基本コース週となります。




先週の穴馬出走週の結果

土曜日情報
阪神6レース

2ミッキーワイルド
新馬戦は少し余裕のある体つきで、出たなりで抑えたまま3列目の外から進めて直線の坂まで余裕綽々のレース内容。
ラスト1ハロンから後続を突き放しての圧勝となり、素質の違いを見せつけました。
2戦目の前走はいきなりのオープン挑戦で初の長距離輸送。
厳しい条件下で結果は7着となりましたが、「今日のようなボコボコした馬場では前脚の掻き込みが足りずに走り切れていませんでした。返し馬の時点であまり良くありませんでした。稽古では行きっぷりが良くなっていましたから、綺麗な馬場なら走ってくれますよ」と福永騎手。
地元の阪神で自己条件の良馬場なら圧勝してもおかしくない1頭です。

結果は1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。


土曜日
中山5レース

2マイネルユキツバキ
はここでは能力抜けている1頭で、これまで7戦して唯一馬券圏外に崩れたのは超ハイレベルだったスマハマの500万だけで、それ以降は渋とさを活かす積極策を取るようになって更にパフォーマンスを上げてきています。
ここ2戦はかなり厳しい流れを逃げて勝ち負けまで持ち込んでおり、2走前に2,3番手の馬は8,11着に崩れ、前走の2,3番手の馬は5,12着に崩れています。
特に前走は中山ダート1800mで62.1というハイペースを逃げてクビ差2着(3着馬に3馬身半差、4着馬には7馬身差)という非常に強い競馬で、この馬の持久力とスピードは500万では抜けています。

1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。



日曜日の結果

阪神11レース

4ロジクライ
もともと3歳時にシンザン記念を制している重賞ウィナーですが、古馬になって本格化しました。
前走の節分Sは中盤を全く緩めないミドルペースでの逃げを打っての押し切り勝ちで、走破時計はペースの違いこそありますが東京新聞杯よりも0.2秒速いものでした。
このラップを刻んで東京マイルを逃げ切るん内容は強いパフォーマンと言え、今回はオープン昇級初戦となりますが前走で既に重賞通用の能力は示しています。
今回は1枠1番を引いた事でトラストがミドルペースで淡々と逃げる可能性が高く、それをインで追走して追い比べに持ち込めればこの馬の能力と今の馬場を考えても止まるとは思えず、1分33秒台前半の上がり3F=34.0ぐらいの末脚で勝ち負けになる想定です。

1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。





2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)

コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました


★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19
回のうち、12回で利益を上げていただきました


2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)



2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円

2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



お申し込み方法


メールアドレスtho●●@tg.commufa.jpの会員様。

コチラからメールを送ってもエラーで送れない状況となっています。

パソコンからのメール受信設定を『可能』に設定を行うか、当メールアドレスの受信可能設定を行うようにされて下さい。

設定完了後に再度ご連絡をお願いします。



今週の会員様情報は通常よりも割り引いた価格での登録とさせていただきます。

今週は穴馬出走の基本コース週となります。




先週の穴馬出走週の結果

土曜日情報
阪神6レース

2ミッキーワイルド
新馬戦は少し余裕のある体つきで、出たなりで抑えたまま3列目の外から進めて直線の坂まで余裕綽々のレース内容。
ラスト1ハロンから後続を突き放しての圧勝となり、素質の違いを見せつけました。
2戦目の前走はいきなりのオープン挑戦で初の長距離輸送。
厳しい条件下で結果は7着となりましたが、「今日のようなボコボコした馬場では前脚の掻き込みが足りずに走り切れていませんでした。返し馬の時点であまり良くありませんでした。稽古では行きっぷりが良くなっていましたから、綺麗な馬場なら走ってくれますよ」と福永騎手。
地元の阪神で自己条件の良馬場なら圧勝してもおかしくない1頭です。

結果は1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。


土曜日
中山5レース

2マイネルユキツバキ
はここでは能力抜けている1頭で、これまで7戦して唯一馬券圏外に崩れたのは超ハイレベルだったスマハマの500万だけで、それ以降は渋とさを活かす積極策を取るようになって更にパフォーマンスを上げてきています。
ここ2戦はかなり厳しい流れを逃げて勝ち負けまで持ち込んでおり、2走前に2,3番手の馬は8,11着に崩れ、前走の2,3番手の馬は5,12着に崩れています。
特に前走は中山ダート1800mで62.1というハイペースを逃げてクビ差2着(3着馬に3馬身半差、4着馬には7馬身差)という非常に強い競馬で、この馬の持久力とスピードは500万では抜けています。

1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。



日曜日の結果

阪神11レース

4ロジクライ
もともと3歳時にシンザン記念を制している重賞ウィナーですが、古馬になって本格化しました。
前走の節分Sは中盤を全く緩めないミドルペースでの逃げを打っての押し切り勝ちで、走破時計はペースの違いこそありますが東京新聞杯よりも0.2秒速いものでした。
このラップを刻んで東京マイルを逃げ切るん内容は強いパフォーマンと言え、今回はオープン昇級初戦となりますが前走で既に重賞通用の能力は示しています。
今回は1枠1番を引いた事でトラストがミドルペースで淡々と逃げる可能性が高く、それをインで追走して追い比べに持ち込めればこの馬の能力と今の馬場を考えても止まるとは思えず、1分33秒台前半の上がり3F=34.0ぐらいの末脚で勝ち負けになる想定です。

1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。





2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)

コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました


★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19
回のうち、12回で利益を上げていただきました


2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)



2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円

2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



お申し込み方法


メールアドレスtho●●@tg.commufa.jpの会員様。

コチラからメールを送ってもエラーで送れない状況となっています。

パソコンからのメール受信設定を『可能』に設定を行うか、当メールアドレスの受信可能設定を行うようにされて下さい。

設定完了後に再度ご連絡をお願いします。



今週の会員様情報は通常よりも割り引いた価格での登録とさせていただきます。

今週は穴馬出走の基本コース週となります。




先週の穴馬出走週の結果

土曜日情報
阪神6レース

2ミッキーワイルド
新馬戦は少し余裕のある体つきで、出たなりで抑えたまま3列目の外から進めて直線の坂まで余裕綽々のレース内容。
ラスト1ハロンから後続を突き放しての圧勝となり、素質の違いを見せつけました。
2戦目の前走はいきなりのオープン挑戦で初の長距離輸送。
厳しい条件下で結果は7着となりましたが、「今日のようなボコボコした馬場では前脚の掻き込みが足りずに走り切れていませんでした。返し馬の時点であまり良くありませんでした。稽古では行きっぷりが良くなっていましたから、綺麗な馬場なら走ってくれますよ」と福永騎手。
地元の阪神で自己条件の良馬場なら圧勝してもおかしくない1頭です。

結果は1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。


土曜日
中山5レース

2マイネルユキツバキ
はここでは能力抜けている1頭で、これまで7戦して唯一馬券圏外に崩れたのは超ハイレベルだったスマハマの500万だけで、それ以降は渋とさを活かす積極策を取るようになって更にパフォーマンスを上げてきています。
ここ2戦はかなり厳しい流れを逃げて勝ち負けまで持ち込んでおり、2走前に2,3番手の馬は8,11着に崩れ、前走の2,3番手の馬は5,12着に崩れています。
特に前走は中山ダート1800mで62.1というハイペースを逃げてクビ差2着(3着馬に3馬身半差、4着馬には7馬身差)という非常に強い競馬で、この馬の持久力とスピードは500万では抜けています。

1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。



日曜日の結果

阪神11レース

4ロジクライ
もともと3歳時にシンザン記念を制している重賞ウィナーですが、古馬になって本格化しました。
前走の節分Sは中盤を全く緩めないミドルペースでの逃げを打っての押し切り勝ちで、走破時計はペースの違いこそありますが東京新聞杯よりも0.2秒速いものでした。
このラップを刻んで東京マイルを逃げ切るん内容は強いパフォーマンと言え、今回はオープン昇級初戦となりますが前走で既に重賞通用の能力は示しています。
今回は1枠1番を引いた事でトラストがミドルペースで淡々と逃げる可能性が高く、それをインで追走して追い比べに持ち込めればこの馬の能力と今の馬場を考えても止まるとは思えず、1分33秒台前半の上がり3F=34.0ぐらいの末脚で勝ち負けになる想定です。

1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。





2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)

コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました


★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19
回のうち、12回で利益を上げていただきました


2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)



2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円

2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



お申し込み方法


先週は相手抜けで不的中のレースが多くなり、的中0となりました。
今週の会員様情報は通常よりも割り引いた価格での登録とさせていただきます。

今週は穴馬出走の基本コース週となります。




先週の穴馬出走週の結果

土曜日情報
阪神6レース

2ミッキーワイルド
新馬戦は少し余裕のある体つきで、出たなりで抑えたまま3列目の外から進めて直線の坂まで余裕綽々のレース内容。
ラスト1ハロンから後続を突き放しての圧勝となり、素質の違いを見せつけました。
2戦目の前走はいきなりのオープン挑戦で初の長距離輸送。
厳しい条件下で結果は7着となりましたが、「今日のようなボコボコした馬場では前脚の掻き込みが足りずに走り切れていませんでした。返し馬の時点であまり良くありませんでした。稽古では行きっぷりが良くなっていましたから、綺麗な馬場なら走ってくれますよ」と福永騎手。
地元の阪神で自己条件の良馬場なら圧勝してもおかしくない1頭です。

結果は1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。


土曜日
中山5レース

2マイネルユキツバキ
はここでは能力抜けている1頭で、これまで7戦して唯一馬券圏外に崩れたのは超ハイレベルだったスマハマの500万だけで、それ以降は渋とさを活かす積極策を取るようになって更にパフォーマンスを上げてきています。
ここ2戦はかなり厳しい流れを逃げて勝ち負けまで持ち込んでおり、2走前に2,3番手の馬は8,11着に崩れ、前走の2,3番手の馬は5,12着に崩れています。
特に前走は中山ダート1800mで62.1というハイペースを逃げてクビ差2着(3着馬に3馬身半差、4着馬には7馬身差)という非常に強い競馬で、この馬の持久力とスピードは500万では抜けています。

1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。



日曜日の結果

阪神11レース

4ロジクライ
もともと3歳時にシンザン記念を制している重賞ウィナーですが、古馬になって本格化しました。
前走の節分Sは中盤を全く緩めないミドルペースでの逃げを打っての押し切り勝ちで、走破時計はペースの違いこそありますが東京新聞杯よりも0.2秒速いものでした。
このラップを刻んで東京マイルを逃げ切るん内容は強いパフォーマンと言え、今回はオープン昇級初戦となりますが前走で既に重賞通用の能力は示しています。
今回は1枠1番を引いた事でトラストがミドルペースで淡々と逃げる可能性が高く、それをインで追走して追い比べに持ち込めればこの馬の能力と今の馬場を考えても止まるとは思えず、1分33秒台前半の上がり3F=34.0ぐらいの末脚で勝ち負けになる想定です。

1着となりましたが、2着が抜けてしまい不的中。





2017年の結果

★コロガシ週33週(681万円獲得)
66鞍提供→43鞍的中(的中率65%)

コロガシ成功週 14回
土曜日不的中→日曜日的中週 5回
土曜日的中→日曜日不的中週 8回
土曜日、日曜日ともに的中0週 6回

2017年はコロガシ週33回のうち、19回で利益を上げていただきました


★穴馬出走の基本コース週19週(372万円獲得)
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)
2017年は基本コース週19
回のうち、12回で利益を上げていただきました


2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)



2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円

2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

このページのトップヘ