2015年05月

コロガシ結果

FC2 Blog Ranking


土曜日の結果
京都2レース

危険な人気馬
1レッドファルダ(ブログ内無料情報)

初戦の福島ダート1700m戦は上がり掛かる消耗戦で、淀みのないペースのバテ合い戦。結果はコンマ1秒差の2着となりましたが、右にモタれたり、1コーナーで砂を被って嫌がる面を見せていましたが、経験馬相手に出遅れて若さを見せながらも正攻法のレースで3着以下には3馬身の差をつけていました。
2戦目の前走は馬体も絞れて1.6倍の1番人気となりましたが、平均ペースの消耗戦となり、3着のクライミングローズが淀みのない流れを作ってスタミナの必要な展開。
結局は軽量馬2頭が1,3着となる結
果で、同馬は向正面からジワッとポジションを上げて3コーナーから馬群の外を回ってスパートし、長く脚を使っての4着。この展開なら勝っておきたかっただけに、物足りなさが残る1戦となりました。トビが大きいため、内枠で窮屈な競馬になるとトップスピードに乗せにくくなるため、理想は外目の枠となります。
今回は最内枠に入ったため、荒れる可能性がでてきました。


会員様専用情報

8ワールドリースター
前走は中盤が緩まず平均ペースの消耗戦となり、ペースが落ちないことで前と後との隊列がバラけて本来なら先行勢には厳しい流れとなりましたが、2、3着馬はよく粘って同馬は差し込んでの4着。
左回りも問題無く走れており、一時は差し切るかの勢いを見せていました。ずっと中2週で使われ続けておましたが、この中間はしっかりと立て直されており注目の1頭となります。

11イェドプリオル
前走はミッキーオリビエと対戦してクビ差先着しての2着。
前走でチークピーシーズからブリンカーに変更し、鞍上も岩田騎手に変更して2番手からの積極策となり、これまでとはレースぶりが一変。
今回は叩き3戦目で再度岩田騎手となり、注意が必要な1頭です。

7ミッキーオリビエ
5カ月ぶりの休養明けの前走は乾いてパサパサの力要るダート戦。
レース序盤のテン争いが厳しくなり、エルブダムールがいち早く抜け出して先導するも、向正面からペースは落ち着き、しばらく仕掛けもなく淡々と進む展開となりました。
直線に向くまで後続の動きはありませんでしたが、直線で鋭く抜け出したのが2番手のイェドプリオル。
最後はアースシンフォニーが捉え、バテ合いというよりは力を溜めての瞬発力勝負と言う様相で、上位はみな上がりが確りしていた馬となりました。
初ダートとなったミッキーオリビエはプラス12キロで母ににた大型馬がさらに大きく見せていましたが、仕掛けるも後方からの競馬となり、所々で気合をつけられつつ運び、3~4コーナーでは外を回らずに馬群を進むコース取りを選択してエンジンが掛ると右手前のままでグイッと伸びて2着馬からはクビ差の3着となりました。
叩き2戦目で再度要所に坂のある京都コースなら大崩れの可能性が低い1頭となります。



危険な人気馬1レッドファルダは2番人気で4着に敗れ、危険な人気馬を切り捨ててワイド2点ダブル的中となりました。
4着のレッドファルダは3着馬から2馬身半離されての4着です。

3












日曜日の結果

東京11レース

14ドゥラメンテ
皐月賞までにこの馬がとてつもないパフォーマンスを見せた1戦は3走前のセントポーリア賞で、雪掻き後の荒れ芝で渋り気味の馬場で、さらに強風で差し馬が有利な傾向。
マラケシュが促してから逸ったほどの勢いで飛ばして逃げ、道中通過もかなり速い時計で流れ、後続も追撃していましたが4コーナーでもまだリードが残っていた程。
直線に向いて隊列が一変し、馬群もバラけて持続力勝負となり、直線ラップの上で加速していたのは勝ち馬のドゥラメンテのみでした。
直線序盤で2列目に並びかける間もなく一気に先頭に立つとラスト200m付近で突き抜ける圧巻の勝利。
自分から動いて直線のどの地点でも圧倒的な競馬をしたという驚異のパフォーマンスを見せており、そこそこは流れていた中で、トップスピードを長く持続させた能力は非常に高く評価できます。

次走の共同通信杯ではこの馬の脆さを見せてしまい2着。
内目荒れていましたが、フラットで速めの馬場状態となり、最初はシゲルケンカヤマとコスモナインボールが競り合っていましたが、すぐび譲って単騎逃げの形。
後続もあまり差を詰めず、プレッシャーを掛けることなく3コーナー手前からペースがかなり落ちる展開となり、4コーナーを回ってペースアップし、全馬直線で速い上がりを記録する流れとなりました。
全体的にやや遅めでしたが、中盤が少し遅くなり、スタート後にリアルスティールが外にヨレてアヴニールマルシェを遮り、向正面ではドゥラメンテが折り合えずチグハグする場面も見られました。
流れに乗り損ねても強い競馬をしたドゥラメンテでしたが、流れに乗って競馬をしたリアルスティールが坂上でもう一伸びており、ここでコンマ1秒差の2着となりました。
このレースではセントポーリア賞で見せたトップスピードの持続力が見られませんでしたが、その要因は、12.6→11.0まで一気にギアを上げる事は対応できていましたが、そこのギアチェンジで脚を使ってしまったように考えられます。
同じ舞台のセントポーリア賞もかなりのギアチェンジが問われたように見えますが、これは逃げ馬が失速して下がってきただけで、離れた2列目で見ると3~4コーナーで詰めており、ここは11秒後半~12秒で、徐々に押し上げながら直線を向く事ができました。
遅いラップ地点でこの馬は速いラップを刻んでいた分だけ他馬よりもトップスピードに乗せやすかったと言えます。
しかし、共同通信杯では中弛みをコントロールしながらの競馬となり、12.6の遅い流れに自身も合わせた結果、急激なギアチェンジを問われたと言えます。
この2戦からもこの馬にとってはレースが全体的に流れてくれた方がいいタイプだと言えます。

前走の皐月賞は内側は適度に使い込まれていて、速い時計の出やすい良馬場となり、クラリティスカイの逃げで、キタサンブラックやそれ以下の後続もあまり攻めずほぼ単騎の形。
前半1000m59秒0は結果から前後半イーブンペースの折り返しとなり、位置取りは2桁通過順の後方組に不利な展開で、直線ほとんど内目を回った好位勢が残る流れを、4コーナーで強引に横切って外に持ち出したドゥラメンテが物凄い脚で差し切り、かなり力が違うと思わせる内容。

さすがに4コーナーでの立ち回りはどうかと思いますが、この馬自身の評価としてかなり高いパフォーマンスだったと言えます。
リアルスティールがL1で11.8程度の走破ラップになっており、この馬のL1の入りで4馬身ほど差があった中でリアルスティールよりも0.2早くゴールしていることを考えれば、11秒台を切る脚は確実に使えている計算になります。
皐月賞
徐々に加速していく流れで、高速馬場でトップスピードに乗せやすい状況だったというのもあり、この展開でもL1で最速の脚を使っていることを考えても全く底を見せていません。
問題はペースが緩んで各馬が脚を引き出す余力が残っていた場合で、その場合はリアルスティールに、キタサンブラックにも逆転の余地は残されています。
有力馬が外目の枠に揃い、最内枠のサトノラーゼンが非常に不気味な存在となります。



馬連1980円・3連複3950的中となりましたが、押さえ馬券の的中となり、トリガミ馬券となりました。




2015年の結果
1月 7戦6勝(プラス270万1120円)

2月 10戦5勝(プラス38万1750円)
3月 8戦4勝(プラス117万30円)
4月 8戦2勝(マイナス19万7700円)
5月 10戦6勝(プラス66万4720円)


2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)


今週はコロガシコースの募集となります。
(基本コースの募集はありません。)

お申し込み方法 (1)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


競馬:コロガシ情報料金4万5000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



日曜日のコロガシ情報:ダービー

FC2 Blog Ranking


東京11レース

14ドゥラメンテ
皐月賞までにこの馬がとてつもないパフォーマンスを見せた1戦は3走前のセントポーリア賞で、雪掻き後の荒れ芝で渋り気味の馬場で、さらに強風で差し馬が有利な傾向。
マラケシュが促してから逸ったほどの勢いで飛ばして逃げ、道中通過もかなり速い時計で流れ、後続も追撃していましたが4コーナーでもまだリードが残っていた程。
直線に向いて隊列が一変し、馬群もバラけて持続力勝負となり、直線ラップの上で加速していたのは勝ち馬のドゥラメンテのみでした。
直線序盤で2列目に並びかける間もなく一気に先頭に立つとラスト200m付近で突き抜ける圧巻の勝利。
自分から動いて直線のどの地点でも圧倒的な競馬をしたという驚異のパフォーマンスを見せており、そこそこは流れていた中で、トップスピードを長く持続させた能力は非常に高く評価できます。

次走の共同通信杯ではこの馬の脆さを見せてしまい2着。
内目荒れていましたが、フラットで速めの馬場状態となり、最初はシゲルケンカヤマとコスモナインボールが競り合っていましたが、すぐび譲って単騎逃げの形。
後続もあまり差を詰めず、プレッシャーを掛けることなく3コーナー手前からペースがかなり落ちる展開となり、4コーナーを回ってペースアップし、全馬直線で速い上がりを記録する流れとなりました。
全体的にやや遅めでしたが、中盤が少し遅くなり、スタート後にリアルスティールが外にヨレてアヴニールマルシェを遮り、向正面ではドゥラメンテが折り合えずチグハグする場面も見られました。
流れに乗り損ねても強い競馬をしたドゥラメンテでしたが、流れに乗って競馬をしたリアルスティールが坂上でもう一伸びており、ここでコンマ1秒差の2着となりました。
このレースではセントポーリア賞で見せたトップスピードの持続力が見られませんでしたが、その要因は、12.6→11.0まで一気にギアを上げる事は対応できていましたが、そこのギアチェンジで脚を使ってしまったように考えられます。
同じ舞台のセントポーリア賞もかなりのギアチェンジが問われたように見えますが、これは逃げ馬が失速して下がってきただけで、離れた2列目で見ると3~4コーナーで詰めており、ここは11秒後半~12秒で、徐々に押し上げながら直線を向く事ができました。
遅いラップ地点でこの馬は速いラップを刻んでいた分だけ他馬よりもトップスピードに乗せやすかったと言えます。
しかし、共同通信杯では中弛みをコントロールしながらの競馬となり、12.6の遅い流れに自身も合わせた結果、急激なギアチェンジを問われたと言えます。
この2戦からもこの馬にとってはレースが全体的に流れてくれた方がいいタイプだと言えます。

前走の皐月賞は内側は適度に使い込まれていて、速い時計の出やすい良馬場となり、クラリティスカイの逃げで、キタサンブラックやそれ以下の後続もあまり攻めずほぼ単騎の形。
前半1000m59秒0は結果から前後半イーブンペースの折り返しとなり、位置取りは2桁通過順の後方組に不利な展開で、直線ほとんど内目を回った好位勢が残る流れを、4コーナーで強引に横切って外に持ち出したドゥラメンテが物凄い脚で差し切り、かなり力が違うと思わせる内容。

さすがに4コーナーでの立ち回りはどうかと思いますが、この馬自身の評価としてかなり高いパフォーマンスだったと言えます。
リアルスティールがL1で11.8程度の走破ラップになっており、この馬のL1の入りで4馬身ほど差があった中でリアルスティールよりも0.2早くゴールしていることを考えれば、11秒台を切る脚は確実に使えている計算になります。
皐月賞
は徐々に加速していく流れで、高速馬場でトップスピードに乗せやすい状況だったというのもあり、この展開でもL1で最速の脚を使っていることを考えても全く底を見せていません。
問題はペースが緩んで各馬が脚を引き出す余力が残っていた場合で、その場合はリアルスティールに、キタサンブラックにも逆転の余地は残されています。
有力馬が外目の枠に揃い、最内枠のサトノラーゼンが非常に不気味な存在となります。





土曜日の結果
京都2レース

危険な人気馬
1レッドファルダ(ブログ内無料情報)

初戦の福島ダート1700m戦は上がり掛かる消耗戦で、淀みのないペースのバテ合い戦。結果はコンマ1秒差の2着となりましたが、右にモタれたり、1コーナーで砂を被って嫌がる面を見せていましたが、経験馬相手に出遅れて若さを見せながらも正攻法のレースで3着以下には3馬身の差をつけていました。
2戦目の前走は馬体も絞れて1.6倍の1番人気となりましたが、平均ペースの消耗戦となり、3着のクライミングローズが淀みのない流れを作ってスタミナの必要な展開。
結局は軽量馬2頭が1,3着となる結
果で、同馬は向正面からジワッとポジションを上げて3コーナーから馬群の外を回ってスパートし、長く脚を使っての4着。この展開なら勝っておきたかっただけに、物足りなさが残る1戦となりました。トビが大きいため、内枠で窮屈な競馬になるとトップスピードに乗せにくくなるため、理想は外目の枠となります。
今回は最内枠に入ったため、荒れる可能性がでてきました。


会員様専用情報

8ワールドリースター
前走は中盤が緩まず平均ペースの消耗戦となり、ペースが落ちないことで前と後との隊列がバラけて本来なら先行勢には厳しい流れとなりましたが、2、3着馬はよく粘って同馬は差し込んでの4着。
左回りも問題無く走れており、一時は差し切るかの勢いを見せていました。ずっと中2週で使われ続けておましたが、この中間はしっかりと立て直されており注目の1頭となります。

11イェドプリオル
前走はミッキーオリビエと対戦してクビ差先着しての2着。
前走でチークピーシーズからブリンカーに変更し、鞍上も岩田騎手に変更して2番手からの積極策となり、これまでとはレースぶりが一変。
今回は叩き3戦目で再度岩田騎手となり、注意が必要な1頭です。

7ミッキーオリビエ
5カ月ぶりの休養明けの前走は乾いてパサパサの力要るダート戦。
レース序盤のテン争いが厳しくなり、エルブダムールがいち早く抜け出して先導するも、向正面からペースは落ち着き、しばらく仕掛けもなく淡々と進む展開となりました。
直線に向くまで後続の動きはありませんでしたが、直線で鋭く抜け出したのが2番手のイェドプリオル。
最後はアースシンフォニーが捉え、バテ合いというよりは力を溜めての瞬発力勝負と言う様相で、上位はみな上がりが確りしていた馬となりました。
初ダートとなったミッキーオリビエはプラス12キロで母ににた大型馬がさらに大きく見せていましたが、仕掛けるも後方からの競馬となり、所々で気合をつけられつつ運び、3~4コーナーでは外を回らずに馬群を進むコース取りを選択してエンジンが掛ると右手前のままでグイッと伸びて2着馬からはクビ差の3着となりました。
叩き2戦目で再度要所に坂のある京都コースなら大崩れの可能性が低い1頭となります。



危険な人気馬1レッドファルダは2番人気で4着に敗れ、危険な人気馬を切り捨ててワイド2点ダブル的中となりました。
4着のレッドファルダは3着馬から2馬身半離されての4着です。

3
















2015年の結果
1月 7戦6勝(プラス270万1120円)

2月 10戦5勝(プラス38万1750円)
3月 8戦4勝(プラス117万30円)
4月 8戦2勝(マイナス19万7700円)
5月 8戦4勝(プラス65万9120円)


2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)


今週はコロガシコースの募集となります。
(基本コースの募集はありません。)

お申し込み方法 (1)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


競馬:コロガシ情報料金4万5000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



土曜日速報!ワイド2点的中!

FC2 Blog Ranking


土曜日の結果
京都2レース

危険な人気馬
1レッドファルダ(ブログ内無料情報)

初戦の福島ダート1700m戦は上がり掛かる消耗戦で、淀みのないペースのバテ合い戦。結果はコンマ1秒差の2着となりましたが、右にモタれたり、1コーナーで砂を被って嫌がる面を見せていましたが、経験馬相手に出遅れて若さを見せながらも正攻法のレースで3着以下には3馬身の差をつけていました。
2戦目の前走は馬体も絞れて1.6倍の1番人気となりましたが、平均ペースの消耗戦となり、3着のクライミングローズが淀みのない流れを作ってスタミナの必要な展開。
結局は軽量馬2頭が1,3着となる結
果で、同馬は向正面からジワッとポジションを上げて3コーナーから馬群の外を回ってスパートし、長く脚を使っての4着。この展開なら勝っておきたかっただけに、物足りなさが残る1戦となりました。トビが大きいため、内枠で窮屈な競馬になるとトップスピードに乗せにくくなるため、理想は外目の枠となります。
今回は最内枠に入ったため、荒れる可能性がでてきました。


会員様専用情報

8ワールドリースター
前走は中盤が緩まず平均ペースの消耗戦となり、ペースが落ちないことで前と後との隊列がバラけて本来なら先行勢には厳しい流れとなりましたが、2、3着馬はよく粘って同馬は差し込んでの4着。
左回りも問題無く走れており、一時は差し切るかの勢いを見せていました。ずっと中2週で使われ続けておましたが、この中間はしっかりと立て直されており注目の1頭となります。

11イェドプリオル
前走はミッキーオリビエと対戦してクビ差先着しての2着。
前走でチークピーシーズからブリンカーに変更し、鞍上も岩田騎手に変更して2番手からの積極策となり、これまでとはレースぶりが一変。
今回は叩き3戦目で再度岩田騎手となり、注意が必要な1頭です。

7ミッキーオリビエ
5カ月ぶりの休養明けの前走は乾いてパサパサの力要るダート戦。
レース序盤のテン争いが厳しくなり、エルブダムールがいち早く抜け出して先導するも、向正面からペースは落ち着き、しばらく仕掛けもなく淡々と進む展開となりました。
直線に向くまで後続の動きはありませんでしたが、直線で鋭く抜け出したのが2番手のイェドプリオル。
最後はアースシンフォニーが捉え、バテ合いというよりは力を溜めての瞬発力勝負と言う様相で、上位はみな上がりが確りしていた馬となりました。
初ダートとなったミッキーオリビエはプラス12キロで母ににた大型馬がさらに大きく見せていましたが、仕掛けるも後方からの競馬となり、所々で気合をつけられつつ運び、3~4コーナーでは外を回らずに馬群を進むコース取りを選択してエンジンが掛ると右手前のままでグイッと伸びて2着馬からはクビ差の3着となりました。
叩き2戦目で再度要所に坂のある京都コースなら大崩れの可能性が低い1頭となります。



危険な人気馬1レッドファルダは2番人気で4着に敗れ、危険な人気馬を切り捨ててワイド2点ダブル的中となりました。
4着のレッドファルダは3着馬から2馬身半離されての4着です。

3
















2015年の結果
1月 7戦6勝(プラス270万1120円)

2月 10戦5勝(プラス38万1750円)
3月 8戦4勝(プラス117万30円)
4月 8戦2勝(マイナス19万7700円)
5月 8戦4勝(プラス65万9120円)


2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)


今週はコロガシコースの募集となります。
(基本コースの募集はありません。)

お申し込み方法 (1)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


競馬:コロガシ情報料金4万5000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



土曜日のコロガシ情報

FC2 Blog Ranking


京都2レース

1レッドファルダ
初戦の福島ダート1700m戦は上がり掛かる消耗戦で、淀みのないペースのバテ合い戦。結果はコンマ1秒差の2着となりましたが、右にモタれたり、1コーナーで砂を被って嫌がる面を見せていましたが、経験馬相手に出遅れて若さを見せながらも正攻法のレースで3着以下には3馬身の差をつけていました。
2戦目の前走は馬体も絞れて1.6倍の1番人気となりましたが、平均ペースの消耗戦となり、3着のクライミングローズが淀みのない流れを作ってスタミナの必要な展開。
結局は軽量馬2頭が1,3着となる結
果で、同馬は向正面からジワッとポジションを上げて3コーナーから馬群の外を回ってスパートし、長く脚を使っての4着。この展開なら勝っておきたかっただけに、物足りなさが残る1戦となりました。トビが大きいため、内枠で窮屈な競馬になるとトップスピードに乗せにくくなるため、理想は外目の枠となります。
今回は最内枠に入ったため、荒れる可能性がでてきました。


2015年の結果
1月 7戦6勝(プラス270万1120円)

2月 10戦5勝(プラス38万1750円)
3月 8戦4勝(プラス117万30円)
4月 8戦2勝(マイナス19万7700円)
5月 8戦4勝(プラス65万9120円)


2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)


今週はコロガシコースの募集となります。
(基本コースの募集はありません。)

お申し込み方法 (1)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


競馬:コロガシ情報料金4万5000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



先週の結果

FC2 Blog Ranking


先週のコロガシは失敗となりました。




2015年の結果
1月 7戦6勝(プラス270万1120円)

2月 10戦5勝(プラス38万1750円)
3月 8戦4勝(プラス117万30円)
4月 8戦2勝(マイナス19万7700円)
5月 8戦4勝(プラス65万9120円)


2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)


今週はコロガシコースの募集となります。
(基本コースの募集はありません。)

お申し込み方法 (1)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


競馬:コロガシ情報料金4万5000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ