今週は5万円ころがし週となります。




競馬競馬競馬

お申し込み方法

今週のチャンピオンズカップ週(12月2,3日)は5万円スタートのコロガシ勝負週となります。

↓前回の5万円ころがし週は31万1500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-11-05.html

↓前々回の5万円ころがし週は41万4000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-29.html

↓3回前の5万円ころがし週は34万6800円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-10-01.html


今週の5万円ころがしレース◎本命馬

前走の・・・・・・・・・・は・・・・・・・を背負っての・・・・・・。
4角では外を回らされるロスもあり、一瞬は良い伸びを見せましたがラスト1ハロン辺りからは勢いが鈍ってしまいました。
この馬にとって・・・・・・・・・・は短いイメージがあり、・・・・・・・・・・・・mでも流れてしまうと前半で苦労していた感じがあり、2列目以降で中弛みがあまり無い中で最後の末脚が削がれていました。
・・・・・・・・・・・・・の2勝や、・・・・・・・・・・も昨年の・・・・・・・・・・・・・・・も顕著にスローで流れていた共通点があり、今年・・・・・・・・・・・・の場合は全体で見ればややスローでしたが中盤での淀みがまったくない展開となり、3~4角で更に動く形になってしまいました。
コーナーでのロスもあり、前半のペースも・・・・・・・・・・・・のこの馬としては速かったように思えます。

・・・・の・・・・・・・・・・・・・ラップ
・・・・・・・・-12.5-12.●-12.●-12.●-12.●・・・・・・・

・・・・の・・・・・・・・・・・・・ラップ
・・・・・・・・-12.1-12.●-12.●-12.1●11.●・・・・・・・

・・・の・・・・・・・・・・は・・・・とは打って変わって12.●秒以上のラップが1つもなく、・・・・は12.●秒以上のラップが●か所もあっただけに、レースの質がかなり異なっていました。
それでも・・・・よりも・・・・・・・・・い斤量を背負っての・・・・・なら評価できる内容と言えます。

このレースの詳細は会員様情報で公開させていただきます。




先週の会員様情報結果(3戦1勝)

土曜日の結果
9レース

14ビップレボルシオン
この馬は大跳びで不器用でスタミナ型で、過去の馬券内好走は全て外回りコースで、特にタフな中京と阪神(外)に良績集中する馬。
前走は外回りコースでも新潟外回りなので必然のスロー上がり勝負となり、全く走力不足で及ばずの5着。
2走前は得意条件で3着に好走し、3走前は10着でしたがHレベル戦だったので堅実さを見せた印象の結果と言えます。
前走は7頭立てだったせいで5着でそこまで人気落ちしませんが、直近3激走は全て二桁着順からの巻き返しになっている馬だけに、条件好転時は常に激走マークしなければならない馬と言えます。
今回が阪神・中京なら最適条件となりましたが、大雨開催も経ての最終週尚且つ週中の雨の影響も残る馬場レベルなら京都でも好走の期待が持てます。
京都では[0-1-0-7]と、複勝率が4割超の中京阪神よりは劣りますが、京都距離2200以上に限れば「2着・5着(上がり33秒台の瞬発力勝負)・5着(高速上がり瞬発力勝負・3着まで0.0秒差)・9着(高速上がり瞬発力勝負)・7着(高速上がり瞬発力勝負で0.3秒差)」で、そうなる可能性が高い京都では走れていませんが、非瞬発力勝負でなければ前回2着した時のように結果を残せておかしくありません。
京都凡走例はどれもこれも極端なスローペース戦が多かったため、そこでの不振戦績で不人気なるなら今回は妙味ある穴馬と言えます。
今の低速馬場なら過去の惜敗時よりも確実に有利な条件下と言え、好走圏内可能性がある1戦と言えます。


9番人気の◎14ビップレボルシオンが直線で前を差し切りそうな勢いで伸びてきてクビ差2着となり、複勝12倍的中で24万円の払い戻しとなりました。

1424










お申し込み方法

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)


2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

穴馬出走週は3戦1勝で24万円獲得となりました




競馬競馬競馬

お申し込み方法

次回のチャンピオンズカップ週(12月2,3日)は5万円スタートのコロガシ勝負週となります。


会員様情報結果(3戦1勝)

土曜日の結果
9レース

14ビップレボルシオン
この馬は大跳びで不器用でスタミナ型で、過去の馬券内好走は全て外回りコースで、特にタフな中京と阪神(外)に良績集中する馬。
前走は外回りコースでも新潟外回りなので必然のスロー上がり勝負となり、全く走力不足で及ばずの5着。
2走前は得意条件で3着に好走し、3走前は10着でしたがHレベル戦だったので堅実さを見せた印象の結果と言えます。
前走は7頭立てだったせいで5着でそこまで人気落ちしませんが、直近3激走は全て二桁着順からの巻き返しになっている馬だけに、条件好転時は常に激走マークしなければならない馬と言えます。
今回が阪神・中京なら最適条件となりましたが、大雨開催も経ての最終週尚且つ週中の雨の影響も残る馬場レベルなら京都でも好走の期待が持てます。
京都では[0-1-0-7]と、複勝率が4割超の中京阪神よりは劣りますが、京都距離2200以上に限れば「2着・5着(上がり33秒台の瞬発力勝負)・5着(高速上がり瞬発力勝負・3着まで0.0秒差)・9着(高速上がり瞬発力勝負)・7着(高速上がり瞬発力勝負で0.3秒差)」で、そうなる可能性が高い京都では走れていませんが、非瞬発力勝負でなければ前回2着した時のように結果を残せておかしくありません。
京都凡走例はどれもこれも極端なスローペース戦が多かったため、そこでの不振戦績で不人気なるなら今回は妙味ある穴馬と言えます。
今の低速馬場なら過去の惜敗時よりも確実に有利な条件下と言え、好走圏内可能性がある1戦と言えます。


9番人気の◎14ビップレボルシオンが直線で前を差し切りそうな勢いで伸びてきてクビ差2着となり、複勝12倍的中で24万円の払い戻しとなりました。

1424










お申し込み方法

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)


2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

ジャパンカップ情報




競馬競馬競馬

お申し込み方法

日曜日情報
東京11レース

ジャパンカップ

4キタサンブラック
この馬は周りに関係なく自分のベストペースで走れる点が大きな武器で、ハナでも番手でも問題ないという事は以前から示していましたが、前走の天皇賞・秋では控える競馬でも結果を出しており、どこからでも競馬が出来る事を示しました。
昨年のジャパンカップ時は開催最終週で雨の影響があって時計が標準レベルで掛かっていました。
ペースも超スローで流れてラップ推移的に見てもL3最速のトップスピード持続特化戦。
上手くレースを支配して単騎気味に3角に入っていくと、3~4角でも仕掛けを待たずにじわっと段階的にペースを引き上げて直線に入り、L2で追い出されて減速地点となりましたが、ここで突き放してL1ではサウンズオブアース、シュヴァルグランが差を詰めようとしましたが、結果は完勝。
この馬は瞬間的な切れ味ではなく、しっかりと早めに仕掛けてトップスピード持続で勝負したいタイプで、前目からトップスピードを長く使えるのが持ち味です。
ギアを上げて行くのも早く、瞬間最大のトップスピードの速度が速いというタイプではないため、昨年のJCでも11.2が最速ラップとなっており、大阪杯でも10秒台には入っていません。
高速馬場での究極のトップスピード戦では分が悪くなりますが、時計が掛かってのスピード持続戦なら現役最強と言えます。



土曜日の結果(2戦1勝)
9レース

14ビップレボルシオン
この馬は大跳びで不器用でスタミナ型で、過去の馬券内好走は全て外回りコースで、特にタフな中京と阪神(外)に良績集中する馬。
前走は外回りコースでも新潟外回りなので必然のスロー上がり勝負となり、全く走力不足で及ばずの5着。
2走前は得意条件で3着に好走し、3走前は10着でしたがHレベル戦だったので堅実さを見せた印象の結果と言えます。
前走は7頭立てだったせいで5着でそこまで人気落ちしませんが、直近3激走は全て二桁着順からの巻き返しになっている馬だけに、条件好転時は常に激走マークしなければならない馬と言えます。
今回が阪神・中京なら最適条件となりましたが、大雨開催も経ての最終週尚且つ週中の雨の影響も残る馬場レベルなら京都でも好走の期待が持てます。
京都では[0-1-0-7]と、複勝率が4割超の中京阪神よりは劣りますが、京都距離2200以上に限れば「2着・5着(上がり33秒台の瞬発力勝負)・5着(高速上がり瞬発力勝負・3着まで0.0秒差)・9着(高速上がり瞬発力勝負)・7着(高速上がり瞬発力勝負で0.3秒差)」で、そうなる可能性が高い京都では走れていませんが、非瞬発力勝負でなければ前回2着した時のように結果を残せておかしくありません。
京都凡走例はどれもこれも極端なスローペース戦が多かったため、そこでの不振戦績で不人気なるなら今回は妙味ある穴馬と言えます。
今の低速馬場なら過去の惜敗時よりも確実に有利な条件下と言え、好走圏内可能性がある1戦と言えます。


9番人気の◎14ビップレボルシオンが直線で前を差し切りそうな勢いで伸びてきてクビ差2着となり、複勝12倍的中で24万円の払い戻しとなりました。

1424










お申し込み方法

2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)


2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ