基本コース週はフェブラリーS的中で3戦2勝となりました




競馬競馬競馬


お申し込み方法

日曜日の結果
フェブラリーS

9ベストウォーリア

今年の初戦となった根岸Sは中団から先行勢を射程圏に入れると、ラスト100メートルで先頭に立つ堂々の競馬で2着。
ゴール前は勝ち馬のカフジテイクの切れ味に屈したましたが、3着以下を2馬身半差突き放し地力の高さを改めて証明しました。
勝ち馬とは2キロの差もあり、休み明けを考えれば良い内容で本番を迎える事ができました。
今年は悲願の中央G1タイトル奪取へ、陣営の意気込みが伝わり、過去2年(15年3着、16年4着)は共に“ぶっつけ”での参戦でしたが、今年は早めに帰厩して前哨戦を叩いて万全の状態での出走となります。
大型馬だけに使った上積みは大きく、前走以上のパフォーマンスが期待できます。
高齢馬ですが、南部杯ではスピード競馬にも対応出来ており不安材料が見当たらない1頭と言えます。

1サウンドトゥルーは芝スタートでは置かれてしまうため、コース適正的に割引が必要です。
4コパノリッキー近走はパフォーマンスを落としており、外に逃げそうな馬が揃った点も割引きです。
5アスカノロマンは揉まれ弱いため、理想は外枠となり、この枠では力を出し切れない可能性が高いです。
10カフジテイクは乗り替わりはマイナス材料で、この厩舎と騎手でG1を取れるイメージはありません。
11ノンコノユメは去勢は明らかに失敗で、今後も人気先行で惨敗しそうな1頭です。

会員様には3点指示での的中となりました。
asdd












土曜日の結果

京都11レース 京都牝馬S


6スナッチマインド
適性十分で「このコース」で狙える1頭。
昨年は早めに4角先頭で、ほぼ「勝った」というレースでしたが、そこから一気に内ラチまで切れ込む悪癖が出てしまい4着。
3着以内は確保できそうな内容でしたが、菱田騎手のヘグでりで4着となってしまいました。
今年は上手く乗っている浜中騎手となり、外の16番枠だった昨年とは違って内目の枠を引き当てたことも好材料です。穴人気してしまい、妙味が低くなりましたがそれでもこの条件なら馬券的に狙いたい1頭です。

◎10レッツゴードンキ
桜花賞馬ながらも現状1600mでは折り合いに気を使いすぎて、逆に1200mだと距離が短かく、1400mは過去に1度しか出走していませんが、距離に関してはベストと言えます。
函館スプリントSでは33.4-34.4と1秒のハイペースでのL2再加速の中で好位内目でもしっかりと加速ラップに反応はできており、L2最速戦でも高いギアチェンジ面を備えています。
北海道シリーズで結果を出せているように力のいる馬場が合っているのは間違いないところで
前走のターコイズSは46.4-47.2とややハイから淀みないスピード勝負+後半はポテンシャル戦という中で直線で一気に伸びて来ました。
前走でカフェブリリアントを撃破できたというのは大きく評価でき、ここでは距離適性、馬場適正、展開を考えると1枚上の存在と言えます。


会員様には1点指示での的中となりました。
144000













次回の2月25,26日週は基本コース週となります。

↓前々回の基本コース週は2戦1勝で33万円獲得となりました。
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

お申し込み方法

http://keibag1c.blog.jp/archives/5321680.html


2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)




お申し込み方法

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

日曜日情報




競馬競馬競馬


お申し込み方法


日曜日情報
フェブラリーS

ベストウォーリア

今年の初戦となった根岸Sは中団から先行勢を射程圏に入れると、ラスト100メートルで先頭に立つ堂々の競馬で2着。
ゴール前は勝ち馬のカフジテイクの切れ味に屈したましたが、3着以下を2馬身半差突き放し地力の高さを改めて証明しました。
勝ち馬とは2キロの差もあり、休み明けを考えれば良い内容で本番を迎える事ができました。
今年は悲願の中央G1タイトル奪取へ、陣営の意気込みが伝わり、過去2年(15年3着、16年4着)は共に“ぶっつけ”での参戦でしたが、今年は早めに帰厩して前哨戦を叩いて万全の状態での出走となります。
大型馬だけに使った上積みは大きく、前走以上のパフォーマンスが期待できます。
高齢馬ですが、南部杯ではスピード競馬にも対応出来ており不安材料が見当たらない1頭と言えます。



土曜日の結果

京都11レース 京都牝馬S


6スナッチマインド
適性十分で「このコース」で狙える1頭。
昨年は早めに4角先頭で、ほぼ「勝った」というレースでしたが、そこから一気に内ラチまで切れ込む悪癖が出てしまい4着。
3着以内は確保できそうな内容でしたが、菱田騎手のヘグでりで4着となってしまいました。
今年は上手く乗っている浜中騎手となり、外の16番枠だった昨年とは違って内目の枠を引き当てたことも好材料です。穴人気してしまい、妙味が低くなりましたがそれでもこの条件なら馬券的に狙いたい1頭です。

◎10レッツゴードンキ
桜花賞馬ながらも現状1600mでは折り合いに気を使いすぎて、逆に1200mだと距離が短かく、1400mは過去に1度しか出走していませんが、距離に関してはベストと言えます。
函館スプリントSでは33.4-34.4と1秒のハイペースでのL2再加速の中で好位内目でもしっかりと加速ラップに反応はできており、L2最速戦でも高いギアチェンジ面を備えています。
北海道シリーズで結果を出せているように力のいる馬場が合っているのは間違いないところで
前走のターコイズSは46.4-47.2とややハイから淀みないスピード勝負+後半はポテンシャル戦という中で直線で一気に伸びて来ました。
前走でカフェブリリアントを撃破できたというのは大きく評価でき、ここでは距離適性、馬場適正、展開を考えると1枚上の存在と言えます。


会員様には1点指示での的中となりました。
144000














2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

お申し込み方法

http://keibag1c.blog.jp/archives/5321680.html


2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)




お申し込み方法

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

土曜日は1戦1勝!ワイド1点で14万4000円の払い戻し!




競馬競馬競馬


お申し込み方法

土曜日情報

京都11レース 京都牝馬S


6スナッチマインド
適性十分で「このコース」で狙える1頭。
昨年は早めに4角先頭で、ほぼ「勝った」というレースでしたが、そこから一気に内ラチまで切れ込む悪癖が出てしまい4着。
3着以内は確保できそうな内容でしたが、菱田騎手のヘグでりで4着となってしまいました。
今年は上手く乗っている浜中騎手となり、外の16番枠だった昨年とは違って内目の枠を引き当てたことも好材料です。穴人気してしまい、妙味が低くなりましたがそれでもこの条件なら馬券的に狙いたい1頭です。

◎10レッツゴードンキ
桜花賞馬ながらも現状1600mでは折り合いに気を使いすぎて、逆に1200mだと距離が短かく、1400mは過去に1度しか出走していませんが、距離に関してはベストと言えます。
函館スプリントSでは33.4-34.4と1秒のハイペースでのL2再加速の中で好位内目でもしっかりと加速ラップに反応はできており、L2最速戦でも高いギアチェンジ面を備えています。
北海道シリーズで結果を出せているように力のいる馬場が合っているのは間違いないところで
前走のターコイズSは46.4-47.2とややハイから淀みないスピード勝負+後半はポテンシャル戦という中で直線で一気に伸びて来ました。
前走でカフェブリリアントを撃破できたというのは大きく評価でき、ここでは距離適性、馬場適正、展開を考えると1枚上の存在と言えます。


会員様には1点指示での的中となりました。
144000









日曜日はフェブラリーSとなります。
今週の会員様情報は、基本コース週となります。


今週日曜日 平場の注目馬

前走は前半3ハロンがオープン級の33.●秒ではさすがに先行馬は総崩れの流れとなりましたが、このレースをポンと出て逃げの手を打ち、最後の100mまではあわやの粘りを見せたこの馬は1●00mでも相当強そうな1頭です。
先行馬総崩れで上位7頭の4角位置が10.9.14.7.1.14.18という差し決着で逃げて最先着の●着。
2着馬からはコンマ●秒差だけに、今回少しでもペースが緩めば有力な1頭と言えます。


この先は会員様情報で公開させていただきます。




↓前回の基本コース週は2戦1勝で33万円獲得となりました。
http://keibag1c.blog.jp/archives/2017-01-22.html



京都10レース
ヴァナヘイムの取り消しで5頭立となりましたが、ヴァナヘイムが取り消したために妙味が生じる1戦
となります。

1アダムバローズ
今の京都の馬場状況ならこの馬が狙い目で、前走の京成杯は勝ち負け度外視して陣営が控えて折り合いがつくかどうかを試した一戦で、参考外の1戦と言えます。
さすがに今回はペースをある程度引っ張って逃げる形が濃厚で、馬場も重いので余程極端に緩めなければこの馬の持ち味であるスピードと渋太さを行かせます。
2走前の京都2歳Sはレースk前イレ込んでおり、途中で緩めすぎて上がり勝負に持ち込まれてキレ負けと最悪の競馬。
3走前の紫菊賞のように緩め過ぎずにややスローでコントロールすれば12.4 - 12.8 - 12.1 - 11.8 - 11.4 - 11.8とL2もそこまで速いラップを踏まない中でしぶとく脚を使って逃げ切れています。
今の京都の馬場なら上がり勝負に持ち込ませないラップに持ち込む事は容易で、ヴァナヘイムがいなければここは逃げ切りまで期待できる1頭と言えます。

会員様情報では馬単4点指示で44倍的中!33万円の払い戻しとなりました。
(午前中に買い目お配信となったため、結果的には単勝 1点で10.1倍、馬単4点走流しで合成オッズ9.55倍のため、単勝1点回の方が正しい買い方となりましたが、一番高めの44倍的中となり単勝 以上の配当となりました)


g13























2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。

お申し込み方法

http://keibag1c.blog.jp/archives/5321680.html


2016年の結果(純利益1057万8200円)

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)




お申し込み方法

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ