回収率100%以上のコロガシ競馬



今週の5月8,9日週(NHKマイルカップ週)は穴馬出走週となりますので、基本コースでの受付とさせていただきます。
(コロガシ週ではありません)


先週の会員様情報結果

日曜日の結果

阪神11レース
天皇賞・春

3カレンブーケドール
2走前の有馬記念では得意とは言えない条件で5着に健闘。
タフな馬場でのポテンシャル戦では苦労している馬ですが、今回の有馬組では最先着馬(ワールドプレミアと同着の5着)となるだけに上位評価の1頭となります。
有馬記念はタフな馬場で1.5秒のスローとなり、そこからのL5最速戦となりましたがL2で再加速する形で2段階加速気味の競馬となっていました。
有馬記念のあの競馬ができるのであれば、高速馬場の阪神内回り3200は問題ないタイプと言え、基本的に既存の長距離路線で手強い馬は不在と言えるだけに、ジャパンカップやオークスで見せた「ラップが分散した中でも高いトップスピードを維持させるパフォーマンス」は現役でも5本の指に入る実力馬と言え、この条件なら上位評価の1頭となります。

2アリストテレス
今の高速化している阪神の馬場では内回りコースいでも超高速馬場になっている可能性が高く、ポテンシャル面以外の適性も問われる可能性があります。
ペースや仕掛けの意識が遅ければ11秒台前半のロングスプリントの可能性もあり、アリストテレスはロングスプリント性能をまだ見せていないだけに、そういう展開では未知数の面があります。
ただ、初めての阪神開催の天皇賞という事でペースが上がらなければ警戒が必要な1頭で、馬場的にここまで軽くて3200mならどこかで息は入るのは間違いないだけに自身でスローバランスは問題なさそうです。
2週目の向正面付近からのロングスプリント戦となった場合には未知数な面がありますが、血統的に唯一トニービンを持っているディープ産駒となるだけに難なくクリアしてくる下地は備えています。

1ワールドプレミア
前走の日経賞では3着に敗れましたが、2段階加速の形の中でジリっぽいながらも最後まで渋太く伸びてきました。
2段階加速の競馬でもある程度はやれましたが、それでも上位との比較で見たときに3〜4角で動く形を取りながらもL2の2段階目の加速地点でどうしても置かれてしまいました。
このあたりからも要所で速いラップを踏む、また加速していくというような競馬は本質的に得意ではないタイプと言えます。
菊花賞を勝った時はうまく動いていましたが、3~4角で内目を立ち回れた上にスムーズに押し上げてきていた側面もあり、加速といっても12.0-11.8程度のレベルだったため、今回のレベルで明確にL2最速11.3というのを分散しながら求められてしまうと質的に苦労していたため、分散した中でのひと脚ならカレンブーケドールに分があります。

17オーソリティ
前走のダイヤモンドSは素材面で良いものを示した2着と言え、ダイヤモンドステークスのパフォーマンスがなければここでは消しとなる予定でした。
前走のダイヤモンドSはペースが極端に遅く、前半の63.8は長距離といっても遅いペースでした。
中盤もハロン平均で12.7ぐらいになるので前中盤通して遅かったこともあり、後半勝負に特化した感じで5F戦でもL3で11.4とそれなりに速いラップを求められていました。
L2で抜け出してというところに外から一気にグロンディオーズが伸びてきてL1でグロンディオーズが伸び続けた中で最後はクビ差だけ差し切られましたが、3着以下は5馬身千切っており、コーナーでの動きが求められた中でもしっかりと動けている点からも馬場が良ければ問題ないタイプと言え、今の高速化している阪神なら一発の警戒が必要な1頭と言えます。

8ディバインフォース
父ワークフォース×母父ゼンノロブロイのイメージ通りにズブいスタミナタイプの馬で、菊花賞ではワールドプレミアからコンマ3秒差の4着に健闘した実績があります。
その後は2勝クラスを善戦するも勝ち上がれずにいましたが、小回り・平坦コース→阪神2600m戦の淡路特別では一変のパフォーマンスを見せて大幅なレコード更新で3馬身差の圧勝を決めました。
淡路特別は今回と同様の高速馬場でのレコード勝ちとなっており、スタミナが問われる条件で大きくパフォーマンスを高めてきました。
今回は天皇賞・春8勝の武豊騎手が乗れることになり、土曜日には復帰初日で2勝している事からも不安は無く(1ヶ月弱の休養+温かくなってきた事でで腰の状態も良くなっています)、一昨年の有馬記念のワールドプレミアのような競馬で圏内のチャンスが大きい1頭と言えます。
この馬は阪神コースは5戦4連対で得意にしており、例年通りの京都開催では買えない穴馬でしたが、阪神開催となる今年の天皇賞では大きく浮上する穴馬となります。

12ディープボンド
雨の影響が顕著に残った前走の阪神大賞典まではタフな馬場状態になるのであれば最上位の候補に挙がってくる1頭。
この馬は完全なパワー型有酸素運動の競馬となった阪神大賞典では相当な渋太さを見せており、全体も速く後半も6F戦を捕まえて突き抜けるというのはかなり目立ったパフォーマンスと言えます。
ユーキャンやナムラドノヴァンが突っ込めたのもこういう展開で早めに潰しにかかったディープボンドの動きもあったと言え、前走の競馬はフロックではなく一線級の競馬と言え、3200mへの延長も全く問題ないタイプだけに馬場が重いほど相対的にパフォーマンスが高まる1頭と言えます。
ただ、週末の雨の影響はそこまで無く、土曜日は高速馬場状態となっていたため今回はアリストテレスに逆転される可能性が高いように思えます。

会員様には上記情報馬の3連単指示となりましたが、安目の114.9倍的中となりました。


2020年の上半期G1レース週の結果(約580万円獲得)


フェブラリステークス週:48000円獲得

高松宮記念週:不的中

大阪杯週:18万5800円獲得

桜花賞週:11.1倍的中
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-04-13.html

皐月賞週:9万1800円獲得

天皇賞・春週:103万500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-05.html

NHKマイルカップ週:125万9500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-11.html


ヴィクトリアマイル週:85万100円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-18.html

オークス週:3万9040円獲得

ダービー週:32万7400円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-06-02.html

安田記念週:不的中

宝塚記念:183万8700円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5711716.html


お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html


★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。





日曜日の結果

阪神11レース
天皇賞・春

3カレンブーケドール
2走前の有馬記念では得意とは言えない条件で5着に健闘。
タフな馬場でのポテンシャル戦では苦労している馬ですが、今回の有馬組では最先着馬(ワールドプレミアと同着の5着)となるだけに上位評価の1頭となります。
有馬記念はタフな馬場で1.5秒のスローとなり、そこからのL5最速戦となりましたがL2で再加速する形で2段階加速気味の競馬となっていました。
有馬記念のあの競馬ができるのであれば、高速馬場の阪神内回り3200は問題ないタイプと言え、基本的に既存の長距離路線で手強い馬は不在と言えるだけに、ジャパンカップやオークスで見せた「ラップが分散した中でも高いトップスピードを維持させるパフォーマンス」は現役でも5本の指に入る実力馬と言え、この条件なら上位評価の1頭となります。

2アリストテレス
今の高速化している阪神の馬場では内回りコースいでも超高速馬場になっている可能性が高く、ポテンシャル面以外の適性も問われる可能性があります。
ペースや仕掛けの意識が遅ければ11秒台前半のロングスプリントの可能性もあり、アリストテレスはロングスプリント性能をまだ見せていないだけに、そういう展開では未知数の面があります。
ただ、初めての阪神開催の天皇賞という事でペースが上がらなければ警戒が必要な1頭で、馬場的にここまで軽くて3200mならどこかで息は入るのは間違いないだけに自身でスローバランスは問題なさそうです。
2週目の向正面付近からのロングスプリント戦となった場合には未知数な面がありますが、血統的に唯一トニービンを持っているディープ産駒となるだけに難なくクリアしてくる下地は備えています。

1ワールドプレミア
前走の日経賞では3着に敗れましたが、2段階加速の形の中でジリっぽいながらも最後まで渋太く伸びてきました。
2段階加速の競馬でもある程度はやれましたが、それでも上位との比較で見たときに3〜4角で動く形を取りながらもL2の2段階目の加速地点でどうしても置かれてしまいました。
このあたりからも要所で速いラップを踏む、また加速していくというような競馬は本質的に得意ではないタイプと言えます。
菊花賞を勝った時はうまく動いていましたが、3~4角で内目を立ち回れた上にスムーズに押し上げてきていた側面もあり、加速といっても12.0-11.8程度のレベルだったため、今回のレベルで明確にL2最速11.3というのを分散しながら求められてしまうと質的に苦労していたため、分散した中でのひと脚ならカレンブーケドールに分があります。

17オーソリティ
前走のダイヤモンドSは素材面で良いものを示した2着と言え、ダイヤモンドステークスのパフォーマンスがなければここでは消しとなる予定でした。
前走のダイヤモンドSはペースが極端に遅く、前半の63.8は長距離といっても遅いペースでした。
中盤もハロン平均で12.7ぐらいになるので前中盤通して遅かったこともあり、後半勝負に特化した感じで5F戦でもL3で11.4とそれなりに速いラップを求められていました。
L2で抜け出してというところに外から一気にグロンディオーズが伸びてきてL1でグロンディオーズが伸び続けた中で最後はクビ差だけ差し切られましたが、3着以下は5馬身千切っており、コーナーでの動きが求められた中でもしっかりと動けている点からも馬場が良ければ問題ないタイプと言え、今の高速化している阪神なら一発の警戒が必要な1頭と言えます。

8ディバインフォース
父ワークフォース×母父ゼンノロブロイのイメージ通りにズブいスタミナタイプの馬で、菊花賞ではワールドプレミアからコンマ3秒差の4着に健闘した実績があります。
その後は2勝クラスを善戦するも勝ち上がれずにいましたが、小回り・平坦コース→阪神2600m戦の淡路特別では一変のパフォーマンスを見せて大幅なレコード更新で3馬身差の圧勝を決めました。
淡路特別は今回と同様の高速馬場でのレコード勝ちとなっており、スタミナが問われる条件で大きくパフォーマンスを高めてきました。
今回は天皇賞・春8勝の武豊騎手が乗れることになり、土曜日には復帰初日で2勝している事からも不安は無く(1ヶ月弱の休養+温かくなってきた事でで腰の状態も良くなっています)、一昨年の有馬記念のワールドプレミアのような競馬で圏内のチャンスが大きい1頭と言えます。
この馬は阪神コースは5戦4連対で得意にしており、例年通りの京都開催では買えない穴馬でしたが、阪神開催となる今年の天皇賞では大きく浮上する穴馬となります。

12ディープボンド
雨の影響が顕著に残った前走の阪神大賞典まではタフな馬場状態になるのであれば最上位の候補に挙がってくる1頭。
この馬は完全なパワー型有酸素運動の競馬となった阪神大賞典では相当な渋太さを見せており、全体も速く後半も6F戦を捕まえて突き抜けるというのはかなり目立ったパフォーマンスと言えます。
ユーキャンやナムラドノヴァンが突っ込めたのもこういう展開で早めに潰しにかかったディープボンドの動きもあったと言え、前走の競馬はフロックではなく一線級の競馬と言え、3200mへの延長も全く問題ないタイプだけに馬場が重いほど相対的にパフォーマンスが高まる1頭と言えます。
ただ、週末の雨の影響はそこまで無く、土曜日は高速馬場状態となっていたため今回はアリストテレスに逆転される可能性が高いように思えます。

会員様には上記情報馬の3連単指示となりましたが、安目の114.9倍的中となりました。


2020年の上半期G1レース週の結果(約580万円獲得)


フェブラリステークス週:48000円獲得

高松宮記念週:不的中

大阪杯週:18万5800円獲得

桜花賞週:11.1倍的中
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-04-13.html

皐月賞週:9万1800円獲得

天皇賞・春週:103万500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-05.html

NHKマイルカップ週:125万9500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-11.html


ヴィクトリアマイル週:85万100円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-18.html

オークス週:3万9040円獲得

ダービー週:32万7400円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-06-02.html

安田記念週:不的中

宝塚記念:183万8700円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5711716.html


お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html


★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






阪神11レース
天皇賞・春

3カレンブーケドール
2走前の有馬記念では得意とは言えない条件で5着に健闘。
タフな馬場でのポテンシャル戦では苦労している馬ですが、今回の有馬組では最先着馬(ワールドプレミアと同着の5着)となるだけに上位評価の1頭となります。
有馬記念はタフな馬場で1.5秒のスローとなり、そこからのL5最速戦となりましたがL2で再加速する形で2段階加速気味の競馬となっていました。
有馬記念のあの競馬ができるのであれば、高速馬場の阪神内回り3200は問題ないタイプと言え、基本的に既存の長距離路線で手強い馬は不在と言えるだけに、ジャパンカップやオークスで見せた「ラップが分散した中でも高いトップスピードを維持させるパフォーマンス」は現役でも5本の指に入る実力馬と言え、この条件なら上位評価の1頭となります。

2アリストテレス
今の高速化している阪神の馬場では内回りコースいでも超高速馬場になっている可能性が高く、ポテンシャル面以外の適性も問われる可能性があります。
ペースや仕掛けの意識が遅ければ11秒台前半のロングスプリントの可能性もあり、アリストテレスはロングスプリント性能をまだ見せていないだけに、そういう展開では未知数の面があります。
ただ、初めての阪神開催の天皇賞という事でペースが上がらなければ警戒が必要な1頭で、馬場的にここまで軽くて3200mならどこかで息は入るのは間違いないだけに自身でスローバランスは問題なさそうです。
2週目の向正面付近からのロングスプリント戦となった場合には未知数な面がありますが、血統的に唯一トニービンを持っているディープ産駒となるだけに難なくクリアしてくる下地は備えています。

この続きは会員様情報で公開させていただきます。

↓↓曜s日情報の登録はコチラで受け付け中です

2020年の上半期G1レース週の結果(約580万円獲得)


フェブラリステークス週:48000円獲得

高松宮記念週:不的中

大阪杯週:18万5800円獲得

桜花賞週:11.1倍的中
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-04-13.html

皐月賞週:9万1800円獲得

天皇賞・春週:103万500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-05.html

NHKマイルカップ週:125万9500円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-11.html


ヴィクトリアマイル週:85万100円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-05-18.html

オークス週:3万9040円獲得

ダービー週:32万7400円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-06-02.html

安田記念週:不的中

宝塚記念:183万8700円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5711716.html


お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html


★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



このページのトップヘ