回収率100%以上のコロガシ競馬




お申し込み方法


今週の桜花賞は穴馬出走G1レースとなります。
今週の会員様情報は穴馬出走週となり、基本コースでの受付とさせていただきます。
(コロガシ週ではありません)



昨年の桜花賞は318.1倍的中15万9050円払い戻し
http://keibag1c.blog.jp/archives/2019-04-07.html


昨年の桜花賞情報内容

16シゲルピンクダイヤ
前走はダノンファンタジーに迫る2着で急浮上してきた馬で、前走のチューリップ賞は繋靭帯炎による休み明けでビッシリと追えない中でのものだけに評価できる2着と言えます。
直線ではシェーングランツの外に出して内にモタれる面がありましたが、前哨戦を使われた上積みがかなり大きな1頭と言えます。
前走はスローで使える上りに限界がある事が分かりましたが、この馬は流れる中でも最後に良い脚を使えるタイプだけに、そういった展開になる桜花賞では適正面でもプラスになる可能性が高く、今回は状態面と適正面で大きなプラスが見込める1頭です。

8グランアレグリア
新馬戦では完封した2着のダノンファンタジーが2歳女王となりましたが、この馬の場合は突き詰めればマイルよりも長い方が良いタイプで、オークス向きの印象があります。
その理由は新馬戦ではある程度流れましたが二の脚はそこまで速くなく、スローのうちにポジションを上げたという点があり、もう一つは瞬間的な切れ味よりもそれを維持するトップスピードの持続力の方が目立ったという点です。
前走の朝日杯FSでは3着に敗れましたが、この馬自身がパフォーマンスを落としている点と朝日杯のレベルが高かった事が重なり、この馬にとってはこれまで結果を出してきたパターンで完敗だけに、上位2頭相手には普通に見劣った内容と言えます。
ただ、外から強い競馬をしてきたとはいえファンタジストがスプリングSでも2着と結果を残しており、アドマイヤマーズも共同通信杯でダノンキングリーと互角に近い競馬をしてきているの辺りを踏まえるとこの一戦だけで評価を下げる事はできません。

結果は上記2頭のワンツー決着となり、3連単318.1倍的中で15万9050円の払い戻しとなりました。

gsd












今週出走予定の情報馬
・・・・・・・・・・・・・・・・ある馬で、・・・・走前は逃げ馬の後ろでリズム良く追走して直線では一度は先頭に並ぶ場面を作っての・・・・・・着。
最後は勝ち馬の渋太さに屈する形となりましたが「ここにきて馬がかなり良くなっていますね。前走の・・・・・・の時からトモの感じが良くなっていましたし、自分のリズムで競馬が出来ればすぐに勝てると思います。・・・・・・も合っていますし、次は良いと思いますよ」との事でしたが、次走の・・・・・・・・・・・・・・・では・・・着の・・・・・・・・・・・・・・からコンマ・・・秒差の・・・・・着。
このレースは・・・・・に敗れましたが、「・・・・・・・・・・・・大きい馬なので極端な・・・・・・・・・・・・・は良くありませんね。3~4角で・・・・・・・・・・・・消耗してしまって最後まで踏ん張り切れませんでした」と・・・・・・調教師。
その次走は・・・・・・・・・・・で・・・・・に好走し、・・・・・・・・・・・成績(●.1.●.0)としましたが、この馬は・・・・・・・・・・タイプで・・・・・・・・・・・・は・・・・・・・・・・着、・・・・・・・・・・・着、・・・・・・・・・・・着と、パフォーマンスを上げてきています。
・・・・・の・・・・・・・戦では中団前で折り合って良いタイミングで動きて来ましたが、「・・・・・・・・・・・・・もですが、あんなところから動いてくる馬がいましたからね。今日はキツイ展開になってしまいました」との事で参考外の・・・・着。
今回は・・・・・・・・・・・・・で「・・・・・・・向きのタイプだから、・・・・コースは良いと思います」と・・・・・・騎手が以前話していた・・・・・戦となるだけに、・・・・・・・・・・・・・・・巻き返し必死の1頭と言えます。



先週の会員様情報結果
日曜日の結果

中山7レース
2メイオール
前走は「ペースが遅かったので自分から動いてヨーイドンにならないようにしましたが、まだ追い出してからのフォームがもう一つでした。トモがしっかりしてくれば良くなってくると思います」との事。
前走は4コーナーで外を回った分のロスが響いた面もあり、今回は内枠を引いたことでラチ沿いピッタリをロスなく走れそうで、かなりスローペースになりそうなメンバー構成だけに展開にも恵まれそうです。

8ドリームインパクト
福島コースで圧巻の末脚を見せて初勝利を挙げた後は不器用さが響いて勝ち切れないレースが続いています。
前走は休み明けに加えて道悪+超スローペースで直線半ばでもう騎手が諦めて追っていない中での6着でノーカウントの1戦と言えます。
今回はスローペースでも終いがかかりそうな低レベルなメンバーとなるだけに上位評価の1頭となります。

結果は上記2頭からの3連単指示となり185.8倍的中となりました。
14番人気のオールステリーナがコンマ1秒届かずの4着となり、14万馬券が安目の配当となってしまいました。


お申し込み方法

1月1週目 14万1000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-06.html

1月2週目 48万9000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-13.html

2月2週目 65万円獲得

http://keibag1c.blog.jp/archives/5692262.html

2月3週目 12万7600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5693070.html

3月1週目 15万21110円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5695184.html

3月2週目 13万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5696228.html

3月3週目 23万760円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5697015.html

3月4週目 26万340円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5697950.html





お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法



日曜日の結果

中山7レース
2メイオール
前走は「ペースが遅かったので自分から動いてヨーイドンにならないようにしましたが、まだ追い出してからのフォームがもう一つでした。トモがしっかりしてくれば良くなってくると思います」との事。
前走は4コーナーで外を回った分のロスが響いた面もあり、今回は内枠を引いたことでラチ沿いピッタリをロスなく走れそうで、かなりスローペースになりそうなメンバー構成だけに展開にも恵まれそうです。

8ドリームインパクト
福島コースで圧巻の末脚を見せて初勝利を挙げた後は不器用さが響いて勝ち切れないレースが続いています。
前走は休み明けに加えて道悪+超スローペースで直線半ばでもう騎手が諦めて追っていない中での6着でノーカウントの1戦と言えます。
今回はスローペースでも終いがかかりそうな低レベルなメンバーとなるだけに上位評価の1頭となります。

結果は上記2頭からの3連単指示となり185.8倍的中となりました。
14番人気のオールステリーナがコンマ1秒届かずの4着となり、14万馬券が安目の配当となってしまいました。





お申し込み方法

1月1週目 14万1000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-06.html

1月2週目 48万9000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-13.html

2月2週目 65万円獲得

http://keibag1c.blog.jp/archives/5692262.html

2月3週目 12万7600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5693070.html

3月1週目 15万21110円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5695184.html

3月2週目 13万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5696228.html

3月3週目 23万760円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5697015.html


3月4週目 26万340円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5697950.html



お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。






お申し込み方法


今週の4月4,5日週は大阪杯週となります。


大阪杯週は穴馬出走週のため、基本コース週となります。
会員様には大阪杯情報と、穴馬出走レースの情報を提供させていただきます。


日曜日情報
阪神11レース


大阪杯


5ラッキーライラック
前走の中山記念ではダノンキングリーを目標にしながらも完敗。
後半の動きたいところで動けなかった面があり、3~4角でダノンキングリーが動いていたため、それと比較すると4角での動きが物足りない内容でした。
休み明け+香港遠征明けだった事を考えればラストまで渋太く伸びてきたという点は評価できます。
エリザベス女王杯の内容からもある程度力の要る馬場でスローから速いラップを連続するという能力は高いタイプで、2走前の香港ヴァーズでは全体のペースが速くてギアの上げ下げがある程度求められる流れでも器用に立ち回れたのは収穫と言え、距離も問題ないという競馬をしてきただけに、今回は大きな不安材料がない1頭と言えます。

8ダノンキングリー
この馬は母がストームキャットとボールドルーラーを持つ超スピード系で兄はダート短距離でオープンに行くほどのスピード血統の馬。
マイルのハイペース戦で圧巻のパフォーマンスを見せている事からもスピードという点では一切不安はありません。
超スローペースで流れた共同通信杯でもかかる事なく脚を溜められたレースセンスも評価でき、皐月賞では走破時計が1分58秒台前半~中盤ぐらいの高速決着になるならこの馬が突き抜ける可能性が高いように思えましたが、皐月賞はこの馬自身が1分58秒1で走破してのタイム差無しの3着。
ダービーでは淡々と流れた中でもしっかりと追走して脚を使えていましたが、前が緩めないと3角までにポジション差が生じるために、そこで捕まえに行くところで脚を使ってしまった事が最後に響いてのクビ差2着。
この馬の持ち味であるギアチェンジを生かせるような展開ならここでも上位可能の1頭と言え、流れやすい展開よりも、前半が楽な大阪杯は適性的にもチャンスが大きい舞台と言えます。





お申し込み方法

1月1週目 14万1000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-06.html

1月2週目 48万9000円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/2020-01-13.html

2月2週目 65万円獲得

http://keibag1c.blog.jp/archives/5692262.html

2月3週目 12万7600円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5693070.html

3月1週目 15万21110円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5695184.html

3月2週目 13万円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5696228.html

3月3週目 23万760円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5697015.html


3月4週目 26万340円獲得
http://keibag1c.blog.jp/archives/5697950.html



お申し込み方法

2019年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/5686206.html



★コロガシ提供週12週(260万4000円獲得)
★穴馬出走の基本コース週38週(1625万9280円獲得)



2018年の結果
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_134745.html
★穴馬出走の基本コース週33週(372万円獲得)
112鞍提供→34鞍的中(的中率30%)

2018年は基本コース週33回のうち、17回で利益を上げていただきました


★コロガシ提供週20週(674万円獲得)

2017年のコロガシ週結果(681万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→42鞍的中(的中率65%)

2017年の穴馬出走の基本コース週結果(372万円獲得)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_133865.html
57鞍提供→24鞍的中(的中率42%)

2016年の結果(純利益1057万8200円)
http://keibag1c.blog.jp/archives/cat_132602.html

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績

レース的中率56.6%(83戦47勝)

コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)

コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


☆2016年の基本コース通算成績

的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません

2016年は51週間の情報提供となり、23週間で利益を上げていただきました。



このページのトップヘ