レース結果




競馬競馬競馬

お申し込み方法


先週のチャンピオンズカップは不的中となりました。
今週の阪神JF週はコロガシ勝負週となります。



2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)





お申し込み方法

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


競馬:コロガシ情報料金4万5000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



日曜日情報




競馬競馬競馬

お申し込み方法


中山11レース 北総S

12センチュリオン

このクラスは4走前にこの舞台で勝っている同馬ですが、この時は向正面で捲りが入って一気にペースアップする展開となりました。
一部潰された先行馬もいましたが、むしろ後続の方が付いていけなくなり、追走で手一杯の状態。
結果的には先行決着となりましたが、脚抜きの良い馬場の助けだけではなく、体力面も問われた1戦となりました。
このレースを3番手追走で最後は突き放す快勝となりました。

前走の東京2100m戦は乾いて若干時計掛かる馬場状態。
外から押してダイワレジェンドが先手を主張し、最初からグングン飛ばして2コーナーでは後続に1秒差をつけ、さらに離す形となりました。
1000m通過も60秒ちょうどで、後続も縦に長い隊列で進み、3コーナー過ぎから先頭の脚色が鈍り後続が徐々に追い詰めるましたが、隊列は縦に長いまま。
離れた2番手のセンチュリオンの内を掬ってモズライジンが早くも先頭に立ち、外からレッドサバスが迫りましたがモズライジンの脚色が止まらずに2馬身リードを残して余裕の手応えでゴールとなりました。
センチュリオンは前が飛ばす展開でも自分のペースを守り、交わされてからも粘り強く走れていました。
上位2頭とは決め手の差で差が出ましたが、東京ではこういう展開になりやすく、得意の中山に替わる今回はさらにパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)





お申し込み方法

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


競馬:コロガシ情報料金4万5000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません



チャンピオンズカップ情報は会員様情報で公開させていただきます。

土曜日は2戦1勝となり、ステイヤーズS27.1倍的中(2500円購入指示)となりました。

今週の勝負レースはパフォーマンスを大きく伸ばしてくる1頭!




競馬競馬競馬

お申し込み方法



今週は基本コース週となります。

会員様には平場から勝負レースを提供させていただきます。

平場からの勝負レース情報

新馬戦は道中に力んで若さを見せましたが、2番手追走の馬とは内外で馬体を離して兼ね合いをつけて、向正面では収まりをつけていました。直線では一旦先頭に立ちましたが、ここで外から来た勝ち馬に差されてしまいました。
ただ、このレースで負かしたある1頭はその後、重賞レベルの強敵と対戦して連続で善戦しています。
この新馬戦で負かした1頭はその後勝ち上がりしたが、そこで下した相手も次走で勝ち上がっており、この馬の新馬戦のレベルは非常に高い相手だったと言えます。

2戦目は距離短縮で使われましたが、結果は掲示板内の着順。
この時は時計掛かる馬場となり、スローの上がり勝負で逃げ馬がそのまま押し切った内容となりました。
暑い中での遠征という事もあり、追い切り内容は新馬戦の54秒台------------13.0に対して2戦目は54.秒台-----------13.0と時計的には遜色ありませんでしたが、新馬戦は助手騎乗で、2戦目はジョッキー騎乗でのものでした。
この時は体重が軽いジョッキーが騎乗しても新馬戦の稽古よりも時計が掛かっており、状態面で不安がありました。

そしてレースでは道中に力みが見られ、口向きの悪さをみせて随分行きたがってしまいました。
それでも追い比べは渋太く踏ん張って掲示板内を確保。
3戦目も距離短縮で掲示板内の着順。
この馬はハミを噛む面があるため、前回の距離がベストの印象で、レースでは好位で進め、流れを考えると折り合いもついていました。
道中は窮屈な位置で勝負所までに少し位置が下がってしまい、仕掛けてスッと動けずに先に抜けた勝ち馬を追うように伸びるも届きませんでした。
この時の追い切り内容は終いの伸びが13.秒半ばで不満がありました。
今回は重馬場の坂路で54秒台----------13秒台前半を助手騎乗でマークしており、馬場差を考えると一番のデキと言えます。
この馬の坂路ベストタイムは54秒台---------13秒台前半ですが、この時は良馬場でのもので、今回は重馬場で同様の時計をマークしており状態面の不安はありません。
状態面がホンモノでない中で、前走は不利がありながらも上位となっていましたが、状態面が良くなっている今回は前走以上のパフォーマンス確実の1頭となります。






10月1,2日週の基本コースは4戦2勝で総払い戻し額は142万円となりました→http://keibag1c.blog.jp/archives/2016-10-02.html



10月1,2日の結果(基本コース週)

日曜日の中山11レース

スプリンターズS

過去5年間のスプリンターズステークスではレースのラップに共通点があります。

レースの2ハロン目(スタート後の200m~400m)がレース中で最も速いラップを刻みますが、それはスタートダッシュの速い馬がいても直線の加速力がある馬が逃げ馬を捉えるか、後ろからプレッシャーを掛ける展開になると言うこと。

これを今年に当てはめると、逃げるのはミッキーアイル、ベルカント、シュウジ辺りで、この直後にソルヴェイグ、アクティブミノル。

この5年間で逃げ,先行した馬で3着までに入ったのは2011年の2着パドトロワと2013年の2着ハクサンムーンで、馬券に絡んだ15頭の中でわずか2頭の純粋な逃げ馬でした。
全レースの2~4番手で逃げ馬を追いかけた馬は全滅しています。
2着に粘った2頭の逃げ馬が単騎逃げ(後続を引き離して逃げる)タイプだった事を考えると、ベルカントやシュウジは潰れる可能性があります。

ミッキーアイルが逃げた場合は、先行した馬はミッキーアイルのペースが速すぎて潰れます。

内から攻めると前の馬が壁になりやすく、ほとんどが大外か先行集団にピッタリマークで馬券圏内に来ており、仮にミッキーアイルが逃げた場合には、このあたりにポジションを取れる馬が馬券圏内候補となります。


この先は会員様情報で公開させていただきました。

逃げ馬の直後にポジションを取れるタイプの馬は4ソルヴェイグ。
前走のキーンランドCは一歩目がそこまで速くなかったので好位列での競馬となり、34.1-34.4の平均ペースでコーナーで速いラップという形で好位列の一つ外にポジションを取り、そこからの伸びは物足りませんでした。
この馬はスピードを活かしたポジション差が欲しいタイプで、函館スプリントSでは洋芝とはいえ高速馬場で33.4-34.4と1秒のハイペースバランスを外枠から好発切って番手でしっかりとレースをハイに支配し、そのまま直線でもL2再加速の余力を持って出し抜いの勝利となりました。
この馬はスピードが問われたことでレッツゴードンキに対しては明らかにパフォーマンスを上げてきており、シュウジ比較でもペースが上がったことで勝ち切れました。
基本的にペースが上がりやすい中山1200mというのはいいはずで、ハイペースバランスでハイレベル戦だった函館スプリントSを制してきた点は大きく評価できます。


1番人気のビッグアーサーが敗れ、9番人気のソルヴェいグが3着となり3連単18万馬券の的中となり、90万円の払い戻しとなりました。

454345









土曜日中山9レース


8タイムトリップ
パワータイプで、2走前の函館2歳Sでは13番人気ながらもレコード決着をコンマ3秒差の3着。
ペース的に見ても33.5-35.7と2秒以上のハイペースを2列目のポケットで立ち回りながら上手く捌いて伸びてきました。
しかも、まだトモが緩い状態でのものだけに、センスを感じさせる1戦となりました。
前走のすずらん賞は前をみながら運んでゴーサインを出すも、追われてからがひと息で、ゴール前で勝ち馬の決め手に屈しての2着。
前走を見ても平均ペースから直線にかけて再加速する中で脚を使えており、単調な馬ではないのは明白です。
新馬戦、函館2歳Sと、速い流れのレースで上位に来ており、時計勝負になれば勝ち負け必死の1頭と言えます。


レース結果
8タイムトリップが1着となり、2着に9番人気、3着7番人気が入り、3連単519.7倍的中となりました。


521












2015年の結果(純利益241万2840円)

2014年の結果(純利益587万7240円)

2013年の結果(純利益539万1260円)





お申し込み方法

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
レース的中率56.6%(83戦47勝)
コロガシ成功率40.5%(42戦17回成功)
純利益:519万4650円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:691万9320円


競馬:コロガシ情報料金4万5000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率33.3%(75戦25勝)
回収率176.8%(257万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません


記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ